アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトアニメ 総評  »  2011年テレビシリーズアニメ話数単位10選

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 総評

2011年テレビシリーズアニメ話数単位10選

めちゃくちゃ面白いですねこの企画!というわけで私も書いてみました。
ルールは以下のようなものがあるとのこと。


・ 2011年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・ 1作品につき上限1話。
・ 思いつき順。順位は付けない。


それと個人的な基準としてはとにかく「面白い!好き!」と思えた回を選出させて頂きました。
もうそれこそ身悶えするぐらいに気に入ってしまった、ということですね。

では早速ですが以下が選出結果となります。どうぞ!


【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】
・ 第1話 『超平和バスターズ』


脚本:岡田麿里 コンテ、演出:長井龍雪 作画監督:田中将賀

涙が溢れ止まらぬほどに、この回には心を鷲掴みにされました。いつの間にか惹き込まれ、見入ってしまうとは正にこのこと。初回でありながら多くのことを提示してきた至極の回であったと思います。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #01 『超平和バスターズ』 感想





【君と僕。】
・ 第7話 『りんごのとなり』


脚本:花田十輝 コンテ:鎌倉由実 演出:橋本敏一 作画監督:梶谷光春、野村芙沙子、赤尾良太郎

登場人物の心情や関係性を多くは語らず巧みに描き出した素晴らしき回。人の心の内をモノで表現する故に寡黙。しかし、雄弁。そんなこの話は出来るだけ多くの方に視聴してみて欲しいと思える話でしたね。まさに完璧でした。





【バカとテストと召喚獣にっ!】
・ 第8話 『ウチと日本と知らない言葉』


脚本:高山カツヒコ コンテ、演出:坂本隆 作画監督:坂本隆、牛島希

たまたまこの回を視聴したことによって『バカテス』という作品との出会いが始まりました。どんなに中途半端な話数であったってそれだけで視聴者を虜にさせてしまう回ってたまーにありますけど、この回はまさにそれです。分かりやすく、けれど複雑に。素晴らしかったです。





【DOG DAYS】
・ 第5話 『激闘!ミオン砦!』


脚本:都築真紀 コンテ:大森英敏 演出:山口美宏 作画監督:砂川正和、石山寛

戦闘描写といい、その後の余韻とそこで語られるこの回のテーマ性といい、全てがガッチリと噛み合った素晴らしくもかなり濃密な回だったのではないかと思います。ミルヒもシンクもまだまだ半人前。でもだからこそ、仲間がいる。いつだって彼らを見守っている。この物語に感じられる安心感の源泉はこの回にこそ詰まっていたような気がします。

DOG DAYS #05 『激闘!ミオン砦!』 感想





【フリージング】
・ 第7話 『Sanction』


脚本:吉岡たかを コンテ:園田雅裕 演出:下司泰弘 作画監督:小澤円、荒尾英幸、小関雅

サテラの悲劇的な過去とそれ故の彼女の覚悟、そして信念を見事に描き出した最重要回。加えて覚醒後の戦闘描写は演出、BGMなど全ての要素が見事に噛み合っていたと言っても過言ではないほどに素晴らしいものに仕上がっていたように思います。あの重量感とスピード感は堪らないですね。

フリージング #07 『Sanction』 感想





【電波女と青春男】
・ 第3話 『地を這う少女の不思議な刹那』


脚本:綾奈ゆにこ コンテ:杉山延寛 演出:川畑喬 作画監督:村山公輔、松本元気

この作品と言えば全てはここから始まったと言っても過言ではないくらいです。とても濃密な回であり、それぞれの想いが純粋に真っ直ぐに交差した結果、大きくも不恰好な軌道を描いて落下したその結末はまさに彼らの青春そのもの。うまくいくことなんて多くはないけれど、だからこそ俺が受け止めてやんよ!なその人間らしいやりとりが非常に新鮮でいて、とても温かく感じられました。

電波女と青春男 #03 『地を這う少女の不思議な刹那』 感想





【放浪息子】
・ 第5話 『夏のおわりに ~Long,long shadow~』


脚本:岡田麿里 コンテ、演出:別所誠人 作画監督:サトウミチオ、松本昌子

ある種、二鳥が一つの方向性を決めたことで清々しく映し出されるAパートと、その裏で「お前じゃない」と残酷なまでの宣告を下される千葉さんが描かれたBパート。そんな二つの視点から語られた話だからこそ、その落差が儚くもあり、切なくもあり、悔しくもあり...。けれど、それでも意地という名の前進を見せた千葉さんに涙せずにはいられず、むしろそこにこそこの作品の美しさは潜んでいるのではと感じられる素晴らしい回だったと思います。

放浪息子 #05 『夏のおわりに ~Long,long shadow~』 感想





【魔法少女まどか★マギカ】
・ 第10話 『もう誰にも頼らない』


脚本:虚淵玄 コンテ:笹木信作 演出:八瀬祐樹 作画監督:伊藤良明、潮月一也

点と点が線へと昇華された残酷故に切なくも美しく見える素晴らしき回。ほむほむの決意とその揺れる心情が鮮明に描かれていました。OPをEDに持ってくるという演出も素晴らしく、彼女の想いの内がまた一つ明らかにされた辺りはとても良かったです。声優さんの演技も素晴らしく、非常に良質な回でした。

魔法少女まどか★マギカ #10 『もう誰にも頼らない』 感想





【日常】
・ 第16話 『日常の第十六話』


脚本:花田十輝 コンテ、演出:武本康弘 作画監督:高橋博行

短編コメディ集みたいなノリで構成されたこの作品であっても、その一つ一つを紐解くと実はその回毎のテーマ性にそれぞれの抱えるテーマ性が繋がっていくんだよ、ということを一番綺麗に上手く纏め上げた素晴らしい回。コーヒーの話からなのの話へ、という切り替え方もスムーズで、終盤への持っていき方やその魅せ方、収束の仕方が本当に心地の良い空間を作り上げていたと思います。

日常 #16 『日常の第十六話』 感想





【THE IDOLM@STER】
・ 第24話 『夢』


脚本:土屋理敬 コンテ、演出:高雄統子 作画監督:赤井俊文

1話から描き続けられた765プロ将来像という疑問符に対し見事なまでに美しく、また力強くその答えを提示してみせた至極の回。この物語の全てはここに収束していると言っても過言ではないぐらいに、この作品の良さという良さを全て描き出していたように思います。演出面や間、そして登場人物の心情を何かで喩え描き出すという点においてはまさに完璧。春香役の中村さんの演技も光り、非の打ち所のない回でした。

THE IDOLM@STER #24 『夢』 感想



というわけで、以上が個人的に面白いと感じた10選になります。

他にもたくさん選びたい話があって相当悩んだのですが、そんな中でもうまく選出は出来たんじゃないかなって思います。新鮮な気持ちで今年のアニメ作品を振り返ることができましたし、自分がどういう感情や想いをアニメから感じ取ることができていたのかということの再確認も出来たので、色々な意味でとても面白い企画でした。


関連記事

Comment
Trackback

テレビアニメ話数単位10選 2011

◆ 魔法少女まどか☆マギカ 第10話 「もう誰にも頼らない」 脚本:虚淵玄 コンテ:笹木信作 演出:八瀬祐樹 作画監督:伊藤良明/潮月一也 9話か10話で悩むところでしょうが、全話数の中でもっと...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。