アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト異国迷路のクロワーゼ  »  異国迷路のクロワーゼ #04~5 『水明かり & 迷子』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ

異国迷路のクロワーゼ #04~5 『水明かり & 迷子』 感想

 クロワーゼ5話 シーン1


“信じること” と “疑うこと” の是非。人と人との関係性。
ちょっとこの作品を見誤っていました。もう脱帽です。



相手を信じることに対しての肯定的物語

それは前話におけるアリスと湯音の出会いの話の中においても色濃く描き出されていた部分でもあって、そこで巻き起こっていた湯音の葛藤と、その結果彼女が導き出した答えというのは実に温かいものでもありました。

クロードがいくら彼女たちのことを悪く言おうとも、このパリの人々がいくら彼女たちに悪意を
持っていようとも、それはあくまで相手だけが抱いている印象であり、自分の価値観ではない。

だから湯音はアリスとも話をしてみたかったのだと思います。そして、何よりこれほどまでに
相手から自分に対し好意を寄せてくれるその心遣いを湯音自身が無駄にはしたくなかったから。
それも彼女らしい優しく思いやりのある心ゆえの行動なんですよね。
彼女の中ではまず全ては信じることから始まっていく。むしろ、信じなければ何も始まらない。


 クロワーゼ4話 シーン1


それはアリスに対してもそうだし、もちろんクロードに対してもそう。

故に着物を買い戻すのは無理だとアリスにいくら言われても彼女はそれを信じようとは
しないんですよね。その “信じること” と、この “信じること” では全く意味が違うから。
いや、信じるという行為自体では同じ意味なのかも知れないのだけれど、
でもそこに宿る意志の強さというのは全く違うはずだと個人的には思うんです。

云わば、それは 「いつかきっと約束を守ってくれるはず」 という前向きな意志から生じる信頼。
決して疑いから入り信頼するのではなく、信じることから物事を考える。


 クロワーゼ4話 シーン2


だからこそ、彼女は着物を受け取らなかったんですよね。

もちろん、買い戻せない額だという彼女の言葉はきっと湯音も信じていたのだと思いますけど、
でも別に湯音は着物をどうしても買い戻して欲しいと思っているわけではなくて、
何よりも彼女は着物が切欠で生まれたクロードとの信頼関係を大切にしたいと思ってる。

だからこそ、そのための代償として着物が返ってこないのであればそれも仕方のないことだと
踏ん切りを付けているのでしょう。もちろん、大切なものには変わりないわけですから
最終的には湯音の元に帰ってくるのがベストなんですけどね。それは湯音自身もきっと望んでる。

でも、そういった私利私欲よりも人と人との関わり合いを大事にする姿勢こそが多くの人々の
心にも響くわけで、そういう彼女の優しさがきっと周囲の姿勢をも変えていってしまうのかも
知れないわけですよね。というか、そう思わずにはいられないし、何よりそう思いたいし信じたい。


 クロワーゼ5話 シーン2


うん。信じたいんだけど、でも現実はそこまで彼女に対して優しくはなかった。
信じることは愚かなことだと言わんばかりの窃盗事件。
そしてそこから始まっていく、相手を疑うことに対しての肯定的物語

本当にもうこういう展開になった時は、どれだけ辛く鬱々しく感じたことか。。
ただの癒しアニメではないということを知らしめられた密かな二話連動での難しいテーマ性。

うーん、ちょっとこの展開は湯音にとってもかなりこたえる出来事だったのではないかなと
思いますね。異国の地での大きな揺さぶりに、何を信じていいのかも分からなくなるぐらい
彼女は戸惑っていたのではと...。


 クロワーゼ5話 シーン3


そして、何より辛いのは 「人を疑え」 というクロードのネガティブな言葉を、前回とは違い
彼女もまた後ろ向きな姿勢で信頼をしてしまったということ


パリの人は怖い。相手を信頼してはいけない。まずは疑わなければいけない。
そういった今までの湯音の思考とは全く正反対の思考回路。

彼女だって本心ではやっぱりそういう姿勢では居たくないはずなんですよね。
でも、自分の甘さが多くの人に迷惑をかける形になって、
さらにはあの少年にもある意味湯音は裏切られる形となってしまった。

きっと自分だけが裏切られるだけなら、彼女もまだ少しの平常心を保てたのかなと思いますけど
そうなじゃないことへ追い討ちを掛ける様に今度は道にも迷ってしまって。
もう湯音自身、凄い混乱をしていたのだと思います。それこそ、迷子とは言っても色々な意味で。


 クロワーゼ5話 シーン4


もちろん、湯音自身の信じたいという気持ちだって非難されるべきものではないんですよね。

でもやっぱり日本とフランスでは違うこともあるし、もっと言えば人と人とで違うことって
山ほどある。全員が湯音みたいな人間で、クロードやオスカーのような優しい人間なら
それこそ争いや奪い合いなんてものは起きないんです。だからこそ彼は “疑え” と言った。

クロードのあの言葉の真意ってそういうことなんじゃないのかなと思います。

だからこそ、実は湯音が迷子になって抱いた懐疑心っていうのも実は間違いだった
言えるわけで、つまりは 「もっと大人になって欲しい」 ってことなんでしょう。


クロワーゼ5話 シーン5クロワーゼ5話 シーン6


でも実際、現時点では彼らも湯音に大きなことを期待しているわけじゃないんです。
しっかり者とは言っても彼女もまだまだ子供だし、客人でもあるわけで、
それこそ本音を言えば 「大人になって欲しい」 なんていう風には思っていないはず。

ようは “もっと、俺たちを頼って欲しい” ってことなんだと思います。

分からないこと、出来ないことを無闇にやる必要はないし、そこまで頑張る必要もない。
それこそなにもしていなくたって、湯音はその存在だけであの工房に輝く明かりとなって
周囲を暖めてくれているんだよと。

周りの人たちとも少しずつ人間関係を深めていって徐々に疑うことも覚えればいいし
信じることも止めずに周りの人たちから順に信じていけばいいんです

全てを信じることも、全てを疑うことも、まだこの国に来て月日が浅い湯音にとっては
どっちも難しいわけなんですから。今までも幾度か言ってきたように少しずつ成長すればいい。


 クロワーゼ5話 シーン7


だからこそ、最後はクロードの背中を見つめながらある種の決心をつけていた湯音の姿は
どこか一回り成長したようにも見えて少し心が温まる嬉しさを覚えることができました。

そういったクロードたちの気持ちも受け取って、理解して、自分の未熟さも十分知れて。
そんな彼女もこれからですよね。また今回の出来事を通して友人も一人増えたわけですし
こうやって少しずつ異国の地でも繋がりの輪が広がっていけばいいなぁと思います。




次回  「烏龍



今回はあまり触れませんでしたが、あの少年の描写はまた考えさせられることが多くて
最後にああいう場面を挿し込んできたのはとてつもなく大きな効果を生んでいたと思います。

疑われるような立場の人間でも、あんな風に優しく笑うし、幸せを感じる瞬間がある。
温かい家ではないけど、温かさのある空間。
あんな風になりたくてなったわけじゃないというその主張に少し涙腺が緩みました...。




異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
東山奈央、近藤隆 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」 感想

お互いに歩み寄る勇気。 日本と外国の違い・・・といっても正直そんなに分かってる訳ではないんですけど 日本人は平和ボケしてる、っていうのはあると思います。 自分だけは大丈夫だと思ってる意識はこの国は特に強いと思いますから(多分ね) その点では今回...

異国迷路のクロワーゼ 第5話 「迷子」

今回の話はかなり重かったですねw 見せ場であるオスカーのセリフ 「俺とクロードの地味で味気ない男所帯に湯音が来て、このランプみたいにあったかい光が灯った」 と言ってうまくまとめていましたが...

異国迷路のクロワーゼ 5話「迷子」

ギャルリの街で迷子になった湯音。「異国迷路」に迷い込んだだけあって、不安だったのでしょう。 異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)(2009/06/09)武田 日向商品詳細を見る

異国迷路のクロワーゼ #5

【迷子】 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]出演:東山奈央メディアファクトリー(2011-09-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 外国では客引きはNGなんですね('◇'*) 

『異国迷路のクロワーゼ 』 第5話 感想

過去最高に良かった! まさしくタイトル通りのお話だったなと。

異国迷路のクロワーゼ 第05話「迷子 - Perdus」 感想

初対面の人との接し方 初めて会う人にも笑顔で気さくに話しかけようとする湯音。 しかしパリにおいてはその姿が異端であったらしく。 クロードに忠告され落ち込んでしまう湯音であったが・・・。 クロード君がいつも以上に格好いい回でした。

ロウきゅーぶ! The 5th game 「ハードに火を付けて」

おにぎりとみそ汁だけの昼食ですが、永塚紗季が「良いお嫁さんになれる」という一言で、色めきだつ女子バスケット部。ロリコン昴が鼻の下を伸ばしています。

夏目友人帳 参 第5話 「蔵にひそむもの」 感想

見えるという事は出会うという事。 今回も面白かったえすね。 3期は、夏目の人間関係の進展がしっかりと描かれていますね。 田沼と一緒にタキの家の蔵掃除を手伝うことになった夏目。 妖怪の研究...

異国迷路のクロワーゼ The Animation #05 「迷子」

 お前の無事以上に価値のある商品なんか店に置いてない。

異国迷路のクロワーゼ 5話「私の大切な…」(感想)

湯音はランプ。クロードを灯す存在なのです。 今回はランプを通して、 クロードと湯音の関係を描いていきました。   この作品は気持ち良い、癒しの空間と優しい時間を味わえます。 今回はアニメーター後藤圭二さんの一人原画にも注目です。  

異国迷路のクロワーゼ 第5話 感想「迷子 Perdus」

異国迷路のクロワーゼですが、湯音は一日の作業が終わるとクロードの鉄細工をジッと見ています。湯音の熱視線にクロードも戸惑いますが、遠くから見ていても気になって仕方ありません。オスカーは何でもいいから湯音に仕事を与えてやれと解決策を提案しますが、湯音はラン...

異国迷路のクロワーゼ#05

第5話 『迷子』 ――チョイ拾い!!

異国迷路のクロワーゼ 5話

とかくこの世は住みにくい。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」5話 ああ無情の巻。 所変われば品変わる。 これまで日本の流儀を貫いてこられたのは、周りの理解のおかげ。 それが通用しな...

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」

クロードがイケメンすぎます(笑) 確実にオスカーの遺伝子を引いてますねw パリ男って みんな天然のたらしなんでしょうか?(ぉ) ▼ 異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」  ずっと仕事を見てる湯音に自由にしろってクロードは言いますが。 湯音は何かお役?...

異国迷路のクロワーゼ The Animation 5話 迷子(Perdus)

<感想>  湯音は少年が店から盗まれた燭台をさがしに出た。クロードは、あぶないから知らない人に近づいてはいけないよということを教えられたようです。  でも、湯音って純真だよあ・・癒し系なんだなあ・・中川かのんファンにとってはたまらないだろうな・・。

【異国迷路のクロワーゼ】5話 今回もクロードがイケメンだったな

異国迷路のクロワーゼ The Animation #05 迷子 Perdus 81 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/08/01(月) 01:01:16.47 ID:dL3pEE1E0 迷子のとこ緊張感あってよかった...

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」

理想と現実のギャップに戸惑う湯音ちゃん。 男性陣が恥ずかしいセリフ連発で優しくサポート。 回を追うごとにクロードのイケメンぶりに磨きがかかってますね~ 店の様子を伺っていたちびすけは中に入れる...

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」

クロードが格好良すぎたねw 惚れてまうやろwww っつか、完全に落ちてね?! ロリの扱いがうますぎるね… 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]メディアファクトリー 2011-09-21売り上げランキング : 491Amazonで詳しく見るby G-Tools ...

異国迷路のクロワーゼ The Animation「第5話 迷子 Perdus」/ブログのエントリ

異国迷路のクロワーゼ The Animation「第5話 迷子 Perdus」に関するブログのエントリページです。

異国迷路のクロワーゼ 第05話 『迷子』

今回の湯音は困ったちゃん。日仏の文化の違いもありましたが、ダメっ子ぶりが目立つ回でした。 指示待ち人間。クロードに言われた仕事が終わると傍で凝視。前から思ってたけど、作業やりづらいよね。そのことを伝えると少し離れてやっぱり凝視。お前は星明子か。常に指図?...

異国迷路のクロワーゼ 第5話 【迷子】 感想

湯音は一生懸命やってくれるが、仕事が終わったらクロードの仕事をじーっと見つめる仕事に入ります。 正直、コレが嫌な人は多々いると思いますが、ワシは一向にかまわない!(キリッ お金を渡して何でも買ってこ...

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第5話 「迷子」 【感想】

「見失わないように、この背中が私の…大切な」 ―― クロードが抱く湯音の優しさへの懸念ロアの看板店にやってきた一輪の花。まだまだ不慣れで足取りもたどたどしく、話し方に多少のぎこちなさを見せるが...

異国迷路のクロワーゼ 5

第5話 「迷子」 湯音とクロードの距離はさらに近くなるかな? 彼はじっと見つめられるのが苦手みたいです。 逆に自由になんでもしろと言われる方が湯音には合ってます。 今回も背景は綺麗だな、これだけは崩れてほしくない。 積極的に客引きしますが、警戒さ?...

(感想)異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」 文化、習慣。それらが違う異国の土地で、その狭間に迷子になっていく 少女が一人・・・。でも、ちゃんと見つけてもらえた、そして、見つけた―。

異国迷路のクロワーゼ 5話 「迷子」(アニメ感想)

パリでは店番はただ座って見張っているだけでいい。 はじめてのお客に笑顔をふりまくと警戒されてしまう。 日本とフランスの明確な違いですね。 日本では店員は笑顔で愛想良く親切にが基本ですから。 湯音...

異国迷路のクロワーゼ 第5話 「迷子」 感想

自由の在り方―

◎異国迷路のクロワーゼ#4「水明かり」

ユネはチーズに醤油をつけて食べる。クロードがなんだこの腐ったのいう。日本では、ビーフシチュウにいれるんだいう。ユネがスキヤキのことですかいう。そして、作ることに。ブラン...

◎異国迷路のクロワーゼ#5「迷子"Perdus"」

このアニメの絵、どこかでみたことあると思ったらアトリエくりまみの絵にそっくりだってことに今気が付いた。クロードがユネにジロジロみるなという。オスカーが日本人はみんなで一...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。