アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトTHE IDOLM@STER  »  THE IDOLM@STER #02 『“準備”をはじめた少女たち』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOLM@STER

THE IDOLM@STER #02 『“準備”をはじめた少女たち』 感想

 アイマス2話 シーン1


それぞれの持つ個性を活かすことが誰よりも輝ける瞬間。
No.1よりオンリー1。だけどロンリーワンではないんだぜ。



圧倒的くぎゅうううの可愛さ。


というわけで今回は765プロ所属アイドルの一人である水瀬伊織を軸にしながら、
自分を売り込むための努力とその方法について話が進んでいく形となっていた
わけですが、いやはや本当にこの作品は見所が多くて困ってしまいますね。

これだけの人数のキャラたちの可愛さをしっかりと描きつつ、その可愛さの中にも
ちゃんとした意味をしっかりと持たせてあって話の筋が凄くしっかりしてる


初回の感想でも述べましたが本当にこの作品はキャラの可愛いさだけでは終わらせない感が
とても強くて、既に個人的にも凄く好感が持てる作品だなと感じられています。素晴らしいです。

そして何よりアイドルという舞台を活かして描き出されるストーリーもまた素晴らしくて
そこから垣間見える物語性というものがこう心に響くというか、伝わるものがあるというか…。


 アイマス2話 シーン2


もちろん、伊織や真美と亜美、それにやよいの言うことだって凄く理解はできるんですよね。

何かに挑戦をする時に、その中でも抜きん出た存在になろうとすれば “普通では駄目だ” と
つい思ってしまうのは誰でも持っている思考回路なわけで、過剰な演出や奇抜さを出すことで
誰よりも目立とうとするのは言ってしまえばむしろ普通。

それに彼女たちが今立っている場所というのは競争が激しく、ちょっとやそっとの努力じゃ
勝ち抜いていくことなんて決して出来やしない “アイドル界” という厳しい世界なわけで、
その中でもそれぞれが抱える色々な夢のために必死になる姿っていうのは、むしろ褒められるべき
姿でもあるはずだと思います。

今回の場合だって、その外面だけを観てしまえばただの子供のおふざけにしか観えないわけですけど、でもその内面まで汲み取ってあげるとやっぱりそこには彼女たちなりの本気の気持ちがたくさん込められていたりするわけで、そこに中途半端な気持ちなんて何もない。

たとえ “迷い” という感情はあったとしたって、その迷いだって真剣な悩みそのものなんです。

自分にとって最善の選択とは何なのか?自分の個性って一体何なのか?
そういった凄くシンプルでいて、とても難しいたった一つの難問という名の大きな壁。


 アイマス2話 シーン3


それに伊織ってそういった個性を認識するような環境に身を置けていなかったのかも知れません。

何不自由ない生活を送れてきたことで、そこにはそれなりの幸せがあったのでしょうけど、
でも気が付いてみれば周りには誰もいなくて、いつも一人ぼっち。相談できる相手もいない。

そして両親の影響もあってか、きっと叱ってくれる人さえ彼女にはいなかったわけで、
こうした方がいいんじゃないかな?と提案されることすら彼女はなかったのかも知れない。

それにそういった立場だからこそ、きっと彼女は常にオンリー1よりNO.1を求められもしてきたのでしょう。過程より結果こそが大事であり、個性なんて結果の二の次なのだと。
そしてだからこそ、伊織は分からないんですよね。個性というものが一体何を指し示すものなのか。
何より自分の個性というものが一体何なのかということを彼女は見つけ出すことが出来ない。


アイマス2話 シーン4アイマス2話 シーン5


でも今の伊織ってもうそんな昔の頃とは全く違うし、彼女が身を置く環境も今や全然違うわけなんですよね。彼女は自分の意思でこうしてアイドル活動を続けているわけだし、それにもう彼女は一人じゃない

相談出来る友達もたくさんいるし、何より 「似合わない」 とハッキリ言ってくれる人がここにはたくさんいる。しかもそれって、伊織自身が持つ個性をみんながしっかりと認識してくれているからこその助言でもあるわけじゃないですか。

それって今の彼女にとっては凄く幸せなことでもあると思うんです。

こんなにも彼女のことを想ってくれる人がいて、みんな親身になって伊織と向き合ってくれる。
それこそ、初回で彼女が語った “自分の存在を認めさせる” という夢にも近いわけですから。


アイマス2話 シーン6アイマス2話 シーン7


それに、やっぱり個性ってそれぞれがそれぞれにしか出せない色のことなわけですから、
何より一番大切にしなくちゃいけないものなのだとも思うんですよ。

どれだけその人が魅力的に見えようとも、どれだけ綺麗に見えようとも、それが自分にも
合うのかどうかというのは分からないわけで、つまりはその人の良さ (個性) を十分に
引き出せた時にこそ、そこには誰も真似の出来ないような魅力が生まれる
わけですから。

同じ色なんて一つもないんです。自分の持つ色を必死に磨き、輝かせることで人とは違った個性が
そこには芽生える。そしてその芽を育てていけばいずれはNo.1になれるかも知れないですよね。
むしろ逆に言い換えれば、オンリー1なくしてNo.1にはなれないのだとも言えるのかも知れない。


 アイマス2話 シーン8


そしてもっと言えば、彼女たち一人一人が持つ色が混ざり合うからこそ、それは凄く綺麗で
勇気をもらえて、また感動もできる素晴らしい新たな色を生み出すことができる
のでしょう。

全員が同じ色しか持っていなければ、それをどんなにたくさん混ぜ合わせたところで同じ色しか
生まれないわけですからね。またそういった他の色からの刺激を受けることによって
見つけ出せる新たな色というものもあるかも知れないわけで、つまりはこうやって12人で一緒に
活動をすることにこそ意味があるのだと言えるんじゃないかなと私は思います。

一人だけじゃ決して成長はできない。切磋琢磨してみんなで一流のアイドルを目指すことの素敵さ。そしてそこには、律子さんや、小鳥さん、プロデューサーさんなどの力も合わさって。

そんな彼女たちの努力と汗の結晶に価値を見出しながら、この作品を今後も視聴していきたいし
応援していきたいなと思います。何となく最終回が既に観えてしまう感はありますが、
その分、今は本当にこれからの展開が楽しみでしょうがないですね。もう次週が待ち遠しいです。


 アイマス2話 シーン9


いやぁ、それにしても素晴らしいOP!!!

見て下さい!この伊織と真美の煌びやかな笑顔を!!!

こういった場面もこの作品に求める大きな癒しでもあり楽しみでもありますね。
まさに一つ一つのシーンが明るく夢にまで昇華されるエンターテイメントだと思います。

最高のアニメです。最高の作品です。このアニメが2クールも観れることが今は幸せです!
OPの 「READY!!」 も素晴らしいですね!! さすが神前さんや!!!




次回  「すべては一歩の勇気から



TVアニメ「アイドルマスター」オープニング・テーマ「READY!!」《DVD付初回限定盤》TVアニメ「アイドルマスター」オープニング・テーマ「READY!!」《DVD付初回限定盤》
(2011/08/10)
765PRO ALLSTARS

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

いつも通り、いい感じ――♪ オーディションに受からない(^^; 原因は宣材写真にありってことで、新しく撮りなおすことに。 それぞれの個性が出ますね~。  ▼ THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」  おそろいの衣装...

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 感想

着飾らない「らしさ」 THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話感想です。

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」

■THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 脚本:待田堂子 絵コンテ・演出:高雄統子 作画監督:松尾祐輔 なるほど。主役を固定するわけではなく、各話ごとに主役が変わ...

THE IDOLM@STER 第2話 “準備”をはじめた少女たち

 冬馬登場。Jupiterって出るんだ……

THE IDOLM@STER 第2話「“準備”をはじめた少女たち」感想

第2話は伊織・亜美・真美・やよいメインで展開。 今後もこういった感じで話が進んでいくのでしょうね。

THE IDOLM@STER 2話

いつもの私が、最高の自分。 というわけで、 「THE IDOLM@STER」2話 アイドル生存戦略の巻。 寂しい懐具合。厳しい台所事情。 貧乏所帯ならではのこういう苦労、いいねぇ。 苦労があると、その分...

THE IDOLM@STER 第02話 「"準備"をはじめた少女たち」

THE IDOLM@STER 第02話感想です。 個性=?

THE IDOLM@STER 2話「文句なしのいおりん回」(感想)

全員そろってアイドルマスター。 写真も撮り直し、 いよいよ売り出す体制が整いそうです。 今回は水瀬伊織回。 くぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅな声を存分に堪能できます。 絵が可愛いので見ているのが楽しいです!!  

THE IDOLM@STER 第02話 「“準備”をはじめた少女たち」

初回は視聴者へのキャラ紹介、今回は物語の中での売り込みを開始と ようやく始まる「THE IDOLM@STER」の第2話。TBS公式はこちら。 オープニング「READY!!(AA)」。 オーディション全敗の原因が宣材写...

THE IDOLM@STER 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 感想

オーディション・・・・全滅!!? シャレにならんwwwww そういえば、名前はずっとプロデューサーさんで通すのか? ・・・・・個性ってそういう事じゃないと思う(笑) 【関連サイト】 http://www.idolmaster-anime.jp/index.html

THE IDOLM@STER 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

くぎゅうぅぅぅ! 今回はクギミー回ッ!! やはり、クギミーの個性が一番目立つねww この話はゲームではどの辺? アイドルマスター2バンダイナムコゲームス 2011-02-24売り上げランキング : 575Amazonで詳しく見るby G-Tools

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話 「"準備"をはじめた少女たち」 感想

「これなら次のオーディション……イケる!!」 律子さんの目には笑ってしまうww あと、「これから765プロの快進撃が始まる」って言い方ww 打ちきりエンドww まさに誰得ww

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

OP「READY!!」《DVD付初回限定盤》トップバッターはいおりん! プロデューサーの個性とは? そして、いおりんの個性とは? A.それはくぎゅボイスでしょう(マテ

等身大で行け!(THE IDOLM@STER 第2話レビュー)

THE IDOLM@STER 第2話「“準備”をはじめた少女たち」 ★★★★★

[アニメ]THE IDOLM@STER -アイドルマスター- 第2話「”準備”をはじめた少女たち」

きっと私が一番! でもあなたもソコソコかも。そりゃ私と比べるから ちょっと分悪いのよ、プロデューサーさん。「私はアイドル」がこれほどマッチする映像が流れるとは……。恐 ...

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話 感想「“準備”をはじめた少女たち」

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)ですが、誰一人オーディションに受からないという非常事態です。宣材写真が個性的すぎるのも原因と考えられますが、取り直す資金も左程ありません。それでも大騒ぎで撮り直します。(以下に続きます)

アイドルマスター 第2話 “準備”をはじめた少女たち

みんな可愛いのになんでオーディションに合格できないんだ! 給食費も払えなくなるかもしれないんだぞ!w

アニメ THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第02話 感想

 アニメ THE IDOLM@STER   (アイドルマスター)  第02話 『“準備”をはじめた少女たち』 感想  次のページへ

THE IDOLM@STER 第2話 「準備をはじめた少女たち」

THE IDOLM@STER 第2話 「準備をはじめた少女たち」の感想です! 今回は伊織ちゃん回! 個性って一体なんだろう?

【THE IDOLM@STER 第二話 “準備”をはじめた少女たち 感想】

やよいちゃんの家計を支えてあげたいと思った。給食費まで自分で稼ごうなんてなんて人泣かせな子や><うん、やよいちゃんには売れてほしいな!

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 感想

みんなの個性―

アニメ THE IDOLM@STER 第2話感想

公式がタイトルをひた隠しにしている以上、ネタバレ領域以外にはタイトル書きません。 本文の前に、未視聴地域のプロデューサーさん向けの一口感想 今週もみんな可愛かった!特に ...

(アニメ感想) THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」

アイドルマスター Splash Red for ディアリースターズ (3) 限定版(2011/07/27)坂野 杏梨:漫画 株式会社バンダイナムコゲームス:原作商品詳細を見る 頑張ってはいるものの、なかなかオーディションに受か...

アイドルマスター 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

初回で大雑把なキャラ紹介を終えて、第2話でもまだこれからといった印象。ウォーミングアップ中のアニメ版「アイドルマスター」。 所属アイドルがなかなかオーディションを通らない765プロに新プロデューサーがやって来て、アイドルたちとの成長物語の予感。どうみても彼...

アイドルマスター 第二話

THE IDOLM@STERの2話は、宣材写真の撮り直し。メインは伊織を中心に亜美・真美、やよいのロリカルテット。天ヶ瀬冬馬もちょっとだけ登場です。

アイドルマスター 第2話”準備”をはじめた少女たち

 オーディション等に使用する宣材がイマイチだと撮り直しに取りかかる。 伊織、やよい、亜美&真美は個性でアピールしていたつもりだが・・・
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。