アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト異国迷路のクロワーゼ  »  異国迷路のクロワーゼ #02 『チーズ』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ

異国迷路のクロワーゼ #02 『チーズ』 感想

 クロワーゼ2話 シーン1


今はまだ出来ることからでいい。一歩一歩地道に。
お互いに少しずつでも慣れていくことが大切なのだから。



今回はフランスでの暮らしにおいて必要な知識を懸命に覚えようとする湯音の姿勢や、
そのために色々なことを体験しようとする彼女の健気な姿が多く描かれていましたね。

それもきっとクロードやオスカーたちと少しでも早く同じ空間で同じように生活をしたいと
彼女が願っているからこその行動でもあり、むしろそういった少しずつの積み重ねこそが
これから彼女たちが一つの家族として生活していくための礎ともなっていくのでしょう。

故にああいった彼女の好意的な行為そのものは本来受け入れてあげるべきものでもあって、
とにかく今は彼女を応援して支えてあげることが必要なんじゃないかなとは、まず第一として
思えてくるところではあるのですよね。そういう姿勢で彼女を見守ってやるべきだと。


 クロワーゼ2話 シーン2


だけど、湯音のそういった暮らしに馴染もうと頑張る姿って、あまりに行き過ぎると
それは逆に馴染むどころかその場所から凄く浮いて見えてしまうこともある
んです。

それはチーズにしてもそうだし、コーヒーにしてもそうだし、スプーンにしてもそう。

ああやって無理に頑張っている姿を見せられると、逆に今度はその見せられた側が
気を遣ってしまうわけで、それって結局は馴染める空間を湯音自らが壊してしまう結果に
なってしまっているわけですよね。

まぁ一言で言えば、空回りしているというのかな。。

料理を作るために食材の名前を覚えたり、または色々なお店の役割、場所を覚えたりするのは
凄く今後の暮らしの中でも生きてくる経験値として彼女の中に溜まっていくのでしょうけど、
でも無理をし過ぎればどこかできっと彼らにも苦労をかけてしまうし、迷惑もかけてしまう。

だってまだ彼女は子供なんですから。まだ我侭を言っても多少は許される歳でもあって、
むしろ何でもかんでも完璧にこなせるわけがないし、好き嫌いだってあって当然なんです。


 クロワーゼ2話 シーン3


それにやっぱり彼女はどこかで無理をしているわけなんですよね。

それは職業柄からくるものなのか、日本人的な性格をしているからなのかは分かりませんし
もしかしたらその両方を持ち合わせているがために、あそこまで頑張ることが出来るのかも
知れない。

でも、やっぱりそうなると溜まっていくものって経験値だけじゃなくて、疲れやストレス何かも
必然と溜まっていってしまうわけなんですよね。絶対に何処かで無理が生じる。

そして彼女はそれを誰にも言えずに抱え込んでしまっているわけで、それってむしろ
彼女自ら彼らの元を遠ざかってしまっているんじゃないかなとも思えるわけなんです。

実は歩み寄っているようで、自分が彼らとの間に壁を作ってしまっているというか、
その 『大丈夫です』 という一見前向きな言葉が 『近づかないで』 という
凄く拒絶的な言葉にも聞こえてきてしまう
。もうそれって凄く本末転倒ですよね。


 クロワーゼ2話 シーン4


だから言ってしまえば、彼女の行動自体はとてもいいことだと思うし、むしろ褒められるべき
ことでもあるのだけど、やっぱり無理し過ぎなんですよね。

そして馴染もうとしているにしては、あまりに不自然な姿勢でもある。

それに環境に慣れることってそんなに簡単なことじゃないわけで、それは大人だって
すぐにはできることではないし、しかも湯音の場合は日本からフランスなんていう
物凄い量の環境変化を押し付けられているわけで、しかもそれはこの時代で考えれば尚更のこと。

だからこそ、今はあんなに焦ったってそれは上手くいく筈もないわけですから
彼女はもっと焦らずにじっくりとこの環境に慣れていけばいい
んじゃないかなって
どうしても思ってしまうわけですよね。

そしてそれはクロードが一番言いたかったことでもあり、彼の本心そのものだと思います。
もちろん多くは語らないオスカーにとってもそれは同じなんじゃないかなと。


 クロワーゼ2話 シーン5


まぁだから、『急がば回れ』 の精神で頑張ればいいんじゃないかなって思います。

焦って失敗するぐらいだったら少しずつでもお互いを理解しつつ成長していけばいいし、
時間がないわけでもないんですからね。
何よりそうやって過ごしていけばいいんだと、彼らがそう言ってくれている。

それに彼らは優しい人たちですからね。きっと湯音のことを温かく見守り、時には支えてくれるはずだし、むしろ彼女はそのことを信じて独りにならず、たまには思いっ切り甘えることも覚えた方がいいのだと思います

むしろ、そうであることが今の彼女にとっては成長することにもなるのでしょうし、
家族としての絆を深める近道にもなるはずなんですから。

彼らには良い意味で気楽に、楽しく。これからの毎日を共に過ごしていってほしいものですね。



次回  「日本迷路



異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
東山奈央、近藤隆 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」 感想

探究心と向上心―

異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」 【感想】

「私もおいしいと…思えるようになりたい」 ―― 小さな体から放つ、大きな気持ち役に立ちたい気持ち。笑顔にさせたい気持ち。国を離れ、まだまだ何かと心細い湯音にとって、オスカーやクロードの存在とい...

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話 「チーズ」

新たな生活に興味津々な湯音 今回の話は食事を取って街を見回るくらいで大きな波はなかったけどこういう湯音の一描写一描写で楽しみどころがあった。自分はどちらかと言うと独創的な映像演出よりもキャラの仕草や街の雰囲気などで魅せてくれる演出が好みなのでこの作品の...

異国迷路のクロワーゼ 第02話「チーズ - Fromage」 感想

フランスの食や文化に興味津々の湯音(・∇・) 自分の国にはない食生活や習慣。 少し戸惑いながらも互いに知らないことを徐々に理解し合えていければいい。 そんな今回のお話。 意外に頑固な湯音が見せる色々な表情が可愛らしかった。 見てて癒されました~(*´Д`)

異国迷路のクロワーゼ 第02話 『チーズ』

基本的に従順ですが。いっぽうで頑固なところがある湯音。外国へ来て戸惑うのは言葉や文化の違い、そしてそれ以上に食い物の違い。特に19世紀の日本とフランスでは相当違いがありそうですね。 仏教の影響もあり、当時の日本人で肉や乳製品を食べ慣れた人は殆ど居ないでし?...

『異国迷路のクロワーゼ 』 第2話 感想

あぁ。癒される。 『いろは』から『クロワーゼ』の流れは素晴らしいなぁ。

異国迷路のクロワーゼ #02「チーズ」

文化の違いってのは、面白い。 私も初めてチーズを食べたときは死にそうな思いでしたw 文化の違いを理解して受け止めようとする湯音に素晴らしさを覚えた。 始まりました。湯音の織り成す、19世紀のフラ...

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

爽やかでほっこりな優しいひととき。 今週もサトジュンさんワールド全開。 秋には「たまゆら」のTVシリーズも始まりますし、癒しタイムが年内続くのはうれしいですね(^-^) ギャルリの朝ごはんはパンとコ...

【異国迷路のクロワーゼ】2話 湯音の仕草一つ一つが可愛すぎる

異国迷路のクロワーゼ The Animation #02 チーズ 566 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 00:56:19.89 ID:5xc7YyOlO くそ、癒されるじゃねーか それに...

異国迷路のクロワーゼ #02 『チーズ』

朝食は、コーヒーとパンとチーズだから湯音の出番なし。ここは、古き良き日本の文化に従い、焼き魚、味噌汁にご飯ならば、湯音の出番があったでしょう。

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話、「チーズ」。 原作未読です。 「これからは、フランス式」。

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話「チーズ」 感想

「いいんだよ……それこそ、焦らなくてもいいんだ」 クロードが原作だとちょっと怖いけど、その中にも優しさがあるといったキャラクターなんですが、 アニメだと単なる優しい兄ちゃんなイメージですねw

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

湯音は可愛いね。そして とても日本人です・・・良くも悪くも(^^; 初めてのチーズやコーヒーに苦戦しても。 美味しいですとムリする湯音ちゃんw チーズは食べられずに部屋にお持ち帰り…。  ▼ 異国...

異国迷路のクロワーゼ The Animation #02 「チーズ」

 湯音がかわいかったですね。そしてクロードは今回もイケメン。

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

相変わらず湯音は健気で可愛いねぇ~ まだフランス来て間もないのに 一生懸命習慣に慣れようと頑張る湯音の姿がいいね! それにしても、クロードはすっかりユネの虜… 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]メディアファクトリー 2011-...

異国迷路のクロワーゼ 2話

パンおいしいねん。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」2話 いただきますの巻。 食文化の違いから生まれるコミュニケーション。 合わないなら無理しなくていいよという気遣い。 頑張って合...

(アニメ感想) 異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る やっぱり今期の癒しアニメはこれでいいや! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」 感想

湯音が可愛すぎる! 異文化交流という点でも考えさせられますね。 フランスの朝食に慣れようと頑張る湯音。 雇い主のクロードは、チーズを持ち帰ってまで食べようとする湯音の、 日本的な価値観が...

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」 感想

食。 今週は態度やマナーだけではなく食文化の違いが描かれました。 そりゃそうだ、 今と違って情報が全く伝わってないと思いますから 元から食べてるものなんか全然違う訳で、それを克服するっていうのが今回のテーマだったりするんですが。 ちなみに原作だと...

異国迷路のクロワーゼ 2話「チーズ」

食文化の違い。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る

異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」 感想

わたしは、「家族」になりたい。 →「異国迷路のクロワーゼ」公式サイト 異国迷路のクロワーゼ 第2話感想です。

異国迷路のクロワーゼ 第2話 「待つことを知る者には、万事が適当なときにくる」

待つことを知る者には、万事が適当なときにくる - ceux qui savent ne pas attendre, tout viendra le cas échéant - 朝のパン屋さんで行列が出来ていましたね。人気店という理由もあ...

異国迷路のクロワーゼ・・・第1回(2話)「チーズ」

2011/07/11 放送分 総評:★★★☆☆ まだキャラクター紹介・舞台紹介の段階ですね。 全部で何話あるのか知りませんが、1クール12話だとするとちょっとゆったりしすぎている気はするなぁ・・・ ま、その...

異国迷路のクロワーゼThe Animation 2話 チーズ(Fromage)

<感想>  フランスの食べ物が湯音のお口に合うか・・それは、まさに挑戦の連続であった。 何でも食べようとする湯音・・チーズが大の苦手だったようです。  コーヒーも苦いのが苦手なようですが、クロードには、かくしていたようです。

異国迷路のクロワーゼ 2話「湯音ちゃんは可愛い」(感想)

湯音に自然に感情移入でれる物語ですね。 東山奈央さんの声はイイ! 湯音から見たフランスというのがこの作品の見所なのでしょうね。 私はロリっぽい絵柄が好きなのでしょうね・ ロウきゅーぶ、ゆるゆり、クロワーゼを見て改めて思いました。   http://moedouz...

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ Fromage」 レビュー・感想

「19世紀末、パリ ガラス屋根に覆われた時代遅れの『ギャルリ・ド・ロア』に一人の日本人少女『湯音』の姿がある このことはまだわずかな人しか知らないこと・・・」 きっとこ ...

異国迷路のクロワーゼ 2

第2話 「チーズ - Fromage 」 夏アニメでは今のとこナンバーワンの可能性が高い今作です。 OPからしてまったりだもんなあ(笑) どっちかというと昭和初期のような曲調。 湯音のフランス語はもうばっちりですね。 ヒゲおやじにずっと付いていく姿が可愛らしい?...

(感想)異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」 相変わらず湯音も可愛く、街並みもきれいで和やか癒されますね~♪ その一方で、一応の今後の目的を達成するための相手も影が現れましたね!

異国迷路のクロワーゼ 第二回 感想

「チーズ」 いただきます。

異国迷路のクロワーゼ #02「Fromage -チーズ-」

19世紀末、パリ。ガラスの屋根に覆われたギャルリ・ド・ロアに日本人少女・湯音の姿があった。アンセーニュ・ド・ロア(ロアの看板店)で働く湯音。朝ご飯の準備を手伝おうとした湯音ですが、オスカー・クローデルが用意したのは昨日の残りのパンとバター、チーズ、そして...

異国迷路のクロワーゼ 2話 「チーズ」(アニメ感想)

今回はフランスの食文化について。 文化の違いを一番はじめに意識させられるところかもしれない。 朝食一つとっても日本とフランスでは食文化が全く違う。 フランスではパンとチーズとコーヒーですか。 ...

◎異国迷路のクロワーゼ#2「チーズ」

ユネが朝ごはんを作る手伝いをしようとするが、パンなので簡単に終わってしまう。ユネがいただきますするが、フランスではそんな文化なかった。チーズがカマボコだと思う。フランス...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。