アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日常  »  日常 #09 『日常の第九話』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

日常 #09 『日常の第九話』 感想

 日常9話 シーン1


日常を犠牲にして得られる対価と日常へと帰還する喜び―


人によって様々な定義が存在し、また解釈され、その人の生活基準を表すことさえも出来る。
それが 『日常』 という言葉。

ある人にとってみれば毎日学校へ通いアルバイトに励むことが日常かも知れないし、
またある人にとってみれば早朝から釣りに行ったり、マラソンに行ったりするのが
日常なのかも知れない。

それは所謂、生活の習慣みたいなものであって、だからこそ “日常的” という言葉には
どこか温かみがあって、また安心感を得られたりもするわけで、それは
人々の変わらない日々、普段どおりの何の変哲もない暮らしをそのまま想像させられる
言ってしまえば緩く、また大きな変動もないが故に、代わり映えのしない安全地帯。

だから、人ってこの憩いの場である日常の中に身を置きたがるし
それを犠牲にしてまで危ない橋を渡ろうとすることは、あまり選択しないのだと思います。

まぁ当たり前のことと言えば当たり前のことですよね(笑)


 日常9話 シーン2


けれどそんな安全地帯から踏み出さなければいけない時って、やっぱりあるわけですよ。

例えばそれは、その危険(嫌い)な行為に義務が発生した場合
学生にしてみればまさに今回のようなテストなんかがもろにそれですね。

まぁ常日頃から成績を上げたいがために勉強している人もたくさんいると思いますが
私の経験上と身の回りの反応を思い出してみても、やっぱりテストって、
かなりの割合の生徒が嫌がってたし、テスト期間の時ほど日頃から勉強している人って
かなり少数派だったわけなんですよね。

つまりそこから言えることって、テスト期間っていうのは大多数の生徒からしてみれば
非日常的な期間であり、もっと言ってしまえば自由を拘束されてしまうとても不自由で
安心も休息も出来ない嫌~な場所でしかないんです。

一言で言えば、日常を奪い取られる期間


 日常9話 シーン3


でもだからこそ、その生贄として捧げていた日常が戻ってくるその喜びって半端じゃなくて
もうテンションが異常なまでに上がってしまうほど嬉しかったりするんですよw

まぁさすがにクラスメイト一人ひとりに米俵が送られたり、この勢いで結婚しちゃう子なんて
さすがにいないわけであれも勢い余っての冗談だとは思いますけど、それでもやっぱり
その吹き出る感情の高まりって、確かにあのぐらい爆発的に凄かった気がするんですよね。

少なくとも私は本当に勉強が嫌いだったのでテスト期間が終わるともう本当に幸せでした(笑)
勉強も人並みにしてましたし、余計にその分ね。開放されたー!ってw


 日常9話 シーン4


でも今回の話を通した上でよく考えてみると、そうやって日常を犠牲にすることも
時には大事なんじゃないかって思うわけです。

そりゃあ、常に日常的にのんびりと暮らしていければ楽ですし、波風立てずに平和に
日々を過ごせていけるのでしょうけど、でもそうなると “日常の有り難味” って
どんどん薄れていってしまいますよね。

日常的なことが当たり前になってしまい、それがどれだけ恵まれていることなのかとか
どれだけ幸せなことなのかってことに対して凄く無頓着になる


人生ってそれじゃあやっぱりつまらないと思います。

もちろん、悪いことがあると凄く落ち込むし、凄く嫌な気持ちになって相当鬱になりますけど
でもそういう辛いこととかも乗り越えるからこそ、喜びって倍になるじゃないですか。
あんなことがあったけど、それが今はこうして報われたとか、充実した気持ちになれる。

でも充実した気持ちに慣れてしまったら、もう充実した気持ちになることってできない
わけで、それって凄く寂しいし、嫌です。

だからこそ、やっぱりこう思えますよね。

“たまには日常を犠牲にするのもいいかな” って。


ただ大人になればなるだけ、日常的なことが既に自由ではなくなっていくということもありますし
まぁだからこその、若い内に何でもやっておけっていうことなんでしょう。


 日常9話 シーン5


その点、目の前の利益に釣られて日常を犠牲にしたみおにしても、まぁ子供らしいと言えば
子供らしいですし、それもまた人生経験の一つになるのかなって思います(苦笑)

それに今回のは傍から見てもさすがに酷いですしねw むしろプラス思考で考えれば
大人になればこういう嫌な仕事をさせられることが日常的になったりもするんだよ
ということを彼女も学べたということで(笑)

ただそれでもやっぱり、お金に目が眩んでしまい日常を犠牲にしてしまうというのは
悪いとは言いませんけど、もうちょっと考えて行動した方がいいのかも知れませんw

これからはみおの二の舞にならないために、私も自身の戒めにしておこうと思います。




次回  「日常の第十話



日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

日常 第9話「日常の第九話」

次回予告のナレーションに平野綾さんとか…こんなの絶対おかしいよw 今回の日常カメラは 川のカメの一日。 夜になると川の中に変えるんだ…へぇ~へぇ~♪(苦笑)  ▼ 日常 第9話「日常の第九話」  よしのは やっちゃいけないことをしてしまいました(^?...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。