アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。  »  あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #05 『トンネル』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #05 『トンネル』 感想

 あの花5話 シーン1


あの日、もらえなかった答えを “僕” はまだ知らずにいた。
本当に苦しくて、辛くて、何度も泣いたんだ。けどようやく―



ゆきあつの苦しみ、悲しみ、後悔、葛藤。


そんな彼の中で渦巻いて暴れ出す全ての感情を全面に押し出してきた今回の話は
もはや胸が裂けるなんてレベルではなくて、もう本当に心が痛んで辛かったです。

彼がどれだけめんまという名の幻想に翻弄されて、内面ではとてつもない苦しみを味わいながら
今の今まで生きてきたのかという事実を考えるだけで、それは凄く同情心が沸いてきてしまうし
逆に、そんな彼が表面上ではポーカーフェイス的に平然と “普通” を演じてきたことも相まって
もう彼は、生きる道さえも当の昔に見失っていたんだなぁということがよく伝わってくるのですよね。

例えるならそれは、長い長いまるで先の見えないトンネルの中を一人で歩くことと同じで。


そしてだからこそ、彼はめんまに成り切ることで “一人じゃない” ということを自分の中で
無理にでも認識しようとしていたのかも知れません。


 あの花5話 シーン2


彼だって、本当に悩んでいたんですよ。自分のせいでめんまを死なせてしまったのだと
そういう自己嫌悪に捉われてしまって、もはや自力で這い上がるには不可能な場所まで
落ちてしまっていた。

そしてだからこそ感じてしまう後悔の念。

「あの時、自分があんなことを言っていなければ・・・」
「あの頃、もっと自分がしっかりしていれば・・・」
そうやって彼は自分自身を追い詰めて追い詰めて、全ての責任を背負おうとしていたんです。

でも、何より彼にとって心残りであったのはきっと、彼女の返事を聞けなかったことなのでは
ないかと思えてならないんですよ。いや、心残りなんて生易しいものではなくて
もっと言ってしまえばそれは後悔と恨みが混同した憎悪にも似た感情なのかも知れない。

もちろん、愛ゆえの憎しみというかね。。愛が前提にあっての負の感情というか。


 あの花5話 シーン3


というのも、彼はあまりに自分自身を責めてしまったがために、もういっそのことめんまに
恨まれたい、呪われたいと思ってしまうような精神状態になってしまっていた
わけですよ。

誰かが自分のせいだと名指ししてくれた方が気が楽だし、スッキリするという感覚。
きっと決め付けられる辛さより、悩む辛さの方が何倍も辛い

また、これは後に彼が口にする 『(女装男と)そう言ってもらった方が気が楽だな。』 という発言とも、リンクする部分であると言えるわけです。

だからこそ、「お前のせいで死んだのだ」 といっそ化けて出てくれた方が気が楽なのだけれど
彼の前にめんまは現れてくれないし、むしろ彼にはその姿すら何も見えない。
そして、あの日あの場所で彼がめんまに告げた言葉の返事も聞かせてもらえはしないわけで
それがまた余計に彼にとっては辛く、以前にも増して葛藤してしまう原因にもなってしまうということなのでしょうね。


 あの花5話 シーン4


だけど、普通に考えれば死んだ人に会えることも、話を聞くことも出来はしないし、
そんなのは当たり前のことで、きっとゆきあつ自身も分かっていたはずなんですよ。

だからきっと彼だって、全てを完全に自分の責任として押し付けることで何とかここまで
持ち応えてくることが出来た
のだと思います。

けれど、そこに “めんまが見える” と全ての過去を想起させる仁太が再び現れ始めたことによって
きっとゆきあつ自身のその心の揺らぎが・・・
言い換えれば、めんまが知る真実の答えを知りたいという心の奥底で溜め込んでいた熱い想いが
再び彼の中から溢れ出してしまったのではないのかなと思うのです。


だからようは、彼自身はもう暗闇のトンネルの中で留まり続ける(自己嫌悪し続ける)という
一つの選択肢を選んだわけなのだけれど、でも仁太が一種の希望を見せたというか、
その彼なりの決意を揺るがすようなことを言ってきたがために彼自身にも迷いが生じ、
トンネルの出口(めんまの答え)を探すために、また前も見えない暗い道を彷徨い続ける
ことになってしまった
のではないかと。

そう考えればゆきあつが、以前にも増して仁太にきつく当るようになった理由も分かるところ
なのかなとも思えるんですよね。少なくとも私はそう思う。


 あの花5話 シーン5


けど、だからこそね・・・。だからこそ。

その後にめんまが 『パッチンありがと。ごめんね...』 とゆきあつに告げた瞬間はもう
止めどなく涙が溢れてきてしまったというか。。
だってこの一言のおかげで、ゆきあつは救われるわけじゃないですか。

“あなたの気持ちには応えられないけど、本当に嬉しかったんだよ” と。
“それと長い間、辛い思いをさせてごめんね...” と。

その言葉がどれだけ、ゆきあつにとって心に沁みわたる優しい慈愛に成り得るかというのは
もはや説明すら不要で、これは彼が今一番欲していたはずの言葉でもあるはずなんです。

もちろん、それを告げたのは仁太なわけですけど、けどそれでもあの日あの場所で
あのやり取りをしたのは間違いなく、ゆきあつとめんまの二人。
もうあの言葉を掛けて貰っただけで、ゆきあつは何となく全てを受け入れたのではないかなぁと
私は心の底から思えてしまいましたね。というか、どうしたってそう思いたい。


 あの花5話 シーン6


だけど、それでもゆきあつがめんまを好きだと想うその気持ちは変わらないのでしょう。

それはあの 『俺達は取り残されちまってるんだ』 というあの言葉にも全てが凝縮されていて
彼が長年の苦しみから解放されたとしても、めんまという存在に彼らが足を捉えられている状況は
依然として変わりはしないし、そう簡単には離れてくれない・離せない。

そしてそれは、ぽっぽや、つるこ。または、あなるにしたって全く同じことが言えるわけです。

特にあなるに関しては自分を偽る傾向にありながら、そこからまたどちらの道に進むべきか
今凄く葛藤しているところでもあって、そういったところは鏡・窓越しの外の風景を眺めながら
もう一人の自分と対峙しているように見せる描写が多いところからも読み取れる
ところ。

彼女だって学校での生活があるし、そこには合わせなければいけない環境というのも存在する。
それに彼女にはもうそこしか居場所が今はないわけで、それだって簡単に切り離せるものじゃない。もちろん、仁太の元というか、超平和バスターズの元に戻りたいという気持ちはあるのでしょうけどね。

だから言ってしまえば彼女もまた暗いトンネルの中で彷徨い続けているのだと言えるわけなんです。


 あの花5話 シーン7


そしてそれは仁太も、そしてめんまも同じで、今自分達がどうするべきなのかということが
彼らはまだ分かっていない。いや、もしかしたら分かりたくないのかも知れない。

めんまのためなのか、超平和バスターズのためなのか、もしくは自分のためなのか。
それすらも凄くあやふやで目的が定まらずに凄くフラフラしながら彷徨い続けている。

それはまさに鈍行列車の如く本当にゆっくり、時には立ち止まることもあって周りの人間に
追い抜かれてしまうことだってあるんです。もうそれは仕方のないことでしょう。
けど、遅くたって、止まってしまったって “着実に進み続けてはいる” んですよね。

暗いトンネルの中、色々と悩み苦しみ辛いこともあって時には涙を流すことだってあるかも知れないけど、それでもそういったことを繰り返しながらも少しずつ彼らだって前に進んでいる。
そして6人全員のスタート地点は違うくとも、きっとその暗闇の中でまた巡り合い、そして
手を取り合いながらみんな揃って出口に辿り着くことだって出来ないことはないはずなんです。


そしてその結果こそがもしくは “めんまの願い” なのかも知れないし、めんまの願いという
終着駅に辿り着くためのレールとなってくれるのかも知れないですよね。

(ただ、もし前者なのであれば、それは以前書いたOP考察での結末から言えば、きっとめんまとはその出口でお別れをすることとなるのでしょうが・・・)

だからこそ、今はこんな状況だって決して悪いことではないはずだし、むしろ焦らずに鈍行のまま
じっくりとこれから起こるであろう色々な経験や困難を乗り越えて頑張っていって欲しいなぁと。

そう思いつつ、彼らのこれからの行く末を今まで以上に温かく見守って行きたいです。




次回  「(未公開)」



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/29)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」 感想

めんまという名のトンネル。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」公式サイトはこちら! →http://www.anohana.jp/ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話感想です。 今回...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」 感想

ゆきあつはネタキャラじゃない。 ゆきあつを笑えない、的な事を書いてコメントも同様に頂きましたが 彼は、ただ単に固執や趣向であの女装をやって居た訳ではなく、過去への贖罪だった。 あの日あの時、ゆきあつが告白した事でめんまが動揺し、例の出来事があっ...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5話「トンネル」

過去から抜け出そうとする・・・ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る

あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない。 #5「トンネル」

「俺達は取り残されちまってんだ」 ゆきあつかっけぇわ          あの花 第5話のぶっきら感想。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5話

帰り方が分からない。帰る場所が分からない。帰りたいのか分からない。 というわけで、 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」5話 さまよう心の巻。 コンプレックスと、対抗意識と、罪悪感...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5話 「あなる強姦未遂事件」(感想)

男の涙がこれほど綺麗に 描かれた描写があったでしょうか。 つるこに「腐ってる」と言われても ゆきあつの涙は本物です。 私は顔に男の涙をかけられた事が無いのですが、 実際やられるとどうなのでしょうかね。  

あの花 5話 トンネル 感想 #anohana #noitamina

大丈夫だよ、きっといつまでもみんな一緒に居られるはずだ・・・よね? 今週のPVを見た時から嫌な予感しかしなかったけど、果たして今週はどんなストーリー展開を見せてくれるのか。 とくにあなるについては詳しく見て行きたいですね。...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」 感想

ボッシュート、ボッシュート!の場面が酷い(笑) 衝撃の女装姿を披露してしまったゆきあつですが、名誉挽回しましたね。 ぽっぽはいい奴なんだけど、今回はやらかしちゃったか。 毎回毎回、目が離せ...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第05話 『トンネル』

本日の放送までに、ちょっとした騒動がありました。切っ掛けは第5話の予告映像。幼い頃のめんまとゆきあつと思しきシーン。当時からゆきあつがじんたんを疎ましく思っていた様子が伺えます。 そして問題はあなる。知らない男とホテル前、そして男があなるの腰に手をやる。...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

みな暗いトンネルの中で前に進もうともがいている

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

俺達は、取り残されちまってんだ――。 あの夏の日、めんまが居なくなってから、止まった時。 仁太たち今だに抜けれないトンネルの中に…。 ▼ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル...

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第5話

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第5話 今回も非常に密度の充実した、見応えのある回でした。 30分間が早かったのなんの。 今回は、「めんま」も含めて、登場人物それぞれの「停止状態」を描いた回でもあったようです。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 第5話 感想

うう。 滅茶苦茶面白い。 今お金なくてBDの購入を控えているのですが、今作だけは買おう。 1話収録で4000円以上は高すぎですけれど、それだけの価値はあると思うんです。 では、珍しく長くなってしまいましたので、本文は追記部分に書きました。 続きを読むを?...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:5話感想

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の感想です。 いろいろと紙一重だなー(汗)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」 脚本:岡田磨里 絵コンテ・演出:田中孝行 作画監督:中村直人 「めんまだってみんなとお喋りしたいもん・・・」 ゆきあつの件も...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」

いつ視聴してもですが、今回の少し照れてしまうところなどあなるはとてもかわいいキャラクターですね、本当に付き合いたいぐらいです 今回も映し出された月や光、さらには部屋などからキャラクターの心情を追ってみたり、めんまの線引きをしなくてはならないような...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 トンネル 感想

nefiru: 女装、ナルシスト、Mの三拍子でキャラが崩れないゆきあつぇ~ g_harute: あそこまでいくともう病気レベル nefiru: ネタキャラになると思っていたたら何故か漢度が上がってる気がする

【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第五話 トンネル 感想】

ゆきあつさん無双回でしたね。 もう彼が主人公でいいんじゃないかってくらいに(笑) じんたんが助けるほうがストーリー的には王道でやってほしかったですが、こういう引き方もいいですね。 あなるちゃんがこういう目に遭っても自業自得と割り切れるけど、めんまち...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 05話『トンネル』

「気をつけろよー。じんたん!」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 05話『トンネル』 感想

悩みの形は人それぞれ。

あの日見た花の名前を僕はまだ知らない 第5話

「トンネル」 この女装男ッ!!! やっと罵られ ゆきあつの気持ちが晴れたようですね^^ しかし、ゆきあつの突然の告白?と、じんたんへの気持ちを改める際のあなるの照れた顔が可愛すぎだぁぁ(*´ω`*) めんまが死んでしまったのは自分のせいだと思い?...

【あの花】5話 ゆきあつ「男に絡まれる女を助ける 青春P+3」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #05 トンネル 14 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/05/13(金) 01:51:44.10 ID:nPBaPxjt0 あなるマジ最高に可愛いよ ...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第5話「トンネル」感想

ゆきあつさんカッケー!前回の展開には驚きましたが あれはあれで彼には必要なことだったんだな。 本当に切ないなー、この作品を観ていると心がキュっとなります。 見終わった後、ハァーと毎回の様に息を吐く自分がおりますよ。 今回は、色々と見所が多くて どこから内容…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 感想「トンネル」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。ですが、本間芽衣子(めんま)になりきり女装していた松雪集(ゆきあつ)は、惨めな姿をかつての幼なじみたちに晒すことになります。鶴見知利子(つるこ)は薄々感づいていましたが、衆人環視で大恥、赤っ恥をかかせることこそ知...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

ゆきんまww 思ったよりみんなからのツッコミがなかったねww これが新たなトラウマになるかと思いきや 言いたいことを言ってちょっとスッキリ… あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2011-06-29売り...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

『「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。』 女装して...

【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第5話-トンネル】

左手はいつも君を探している。

[アニメ]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

つるこさんが全てを掌握しているかと思いきや、ゆきあつの精神力の強さがそれに対抗するカタチで活躍。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #5

【トンネル】 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:入野自由アニプレックス(2011-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 居るよ・・・私はここ ...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」 感想

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 第5話 「トンネル」

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』  第5話 「トンネル」 今週のゆきあつにしても、じんたんにしても、鳴子にしても、 みんなが同じ想いを心の中に引きずっています。  「あの時...

(感想)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」 みんながそれぞれ思いを抱えている予感が凄くしますね。だからこそ、 "トンネル"なのでしょう。今、まだ彼らは誰一人、抜けてはいない・・・。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」出口がみつからない。

さてさて、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」見ましたよ。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。ストーリー 「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第05話「トンネル」 感想

・・・正丸トンネル? あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1(完全生産限定版)(BD) ◆20%OFF!価格:3,360円(税込、送料別) 早速感想。 トンネル、それはめんまがいなくなってから今までじ...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 【5話】 「トンネル」

あの日、5話。 めんまに化けたゆきあつ発見。 今日は光速か。 ・・・全体を通して・・・ ゆきあつが一番、重症だと思ってたのですが、めんまのことを考えていたんですね。 すっかり、しらけてしまった。 過去のトラウマは抜けきらないようです。 ・・・視聴を?...

女装がバレようが揺るがないっ!!。流石俺らのゆきあつさん あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

TVアニメ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」 の感想。 本:岡田麿里 絵コンテ:田中孝行 演出:田中孝行 作画監督:中村直人  「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せな?...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5

第5話 「トンネル」 ゆきあつ女装事件はどういう展開に? そしてじんたんを押し倒して…BL展開にはなりませんでした(笑) めんまの死は自分のせいだと思ってたみたい。 彼なりに償いをあいたかったのでしょうか? でもなんで今更? 本当はすぐそばにいるんだけど、ま...

(アニメ感想) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンか...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」 感想

暗くて長いトンネルの出口は一体どこにあるのか。 第5話 「トンネル」 感想は続きから

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第05話 「トンネル」

大門ダヨ 前回のインパクトのあった「ゆきあつ」 何やらめんまが死んだ理由は自分にあるとか言ってますが・・・

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第5話考察

タイトル「トンネル」
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。