アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト夢喰いメリー  »  夢喰いメリー #12 『夢魘』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢喰いメリー

夢喰いメリー #12 『夢魘』 感想

 夢喰いメリー12話 シーン1


みんながお前を信じてる。それはまるで正義のヒーローのように。
だからお願い。夢も希望もあるんだと証明してくれ、夢路!!



決戦の日が刻々と迫る中、以前、夢路自身の心は大きく揺らいでいて
やはり後一歩が踏み込めないような・・・
そんな精神状態に陥ってしまったままのようでした。

彼自身、勇魚を助けるために何とかしようと色々と考えて頑張ってはいるんですけど
そのあまりに強大な “樹海” という壁をどう乗り越えればいいのかが分からなくて
打つ手はなく、どうしようもなくて、イライラは募るばかり。
故に、彼も相当な葛藤を抱えつつ、この大きな人生の岐路に相当悩ませられている。

もちろん、そんな彼を責めることなんて誰にだってできるものでもないんですけど
でもやっぱり何とかしなくちゃいけないことには変わらない。

だから一視聴者の私としても何とか彼には頑張って欲しいと心から応援してあげたくて
声を大にして 『お前しかいないんだ』 と言ってあげたいんですよね。

自信を持ってくれと。勇魚を助けてやってくれと。
もうここまで来たらそういう気持ちしか浮かんでこないんです。


 夢喰いメリー12話 シーン2


でもね。そんなことは外側の世界から見ている私なんかより、もっとそのことを強く
感じでいて、夢路のことを誰よりも信頼して信じている人物がいるんですよ。

自分を夢へ帰してくれると約束してくれた
俺が助けてやるといつも傍で励ましてくれた

それが10年以上も孤独の中、一人彷徨っていたメリーにとってどれだけ力となり
彼女の生きる希望となっていたことか。

むしろ彼を信じないということは、彼女にとっても生きる希望を失うも同じことなわけで
だからこそ、メリーは夢路を信じるということを決してやめようとはしないんです。
いや、それ以前にもうそんな自分の希望がどうのといった場所からは卒業しているのかも
知れませんね。

ただ単に、夢路と一緒に暮らすようになって、そして一緒に戦って。そんな中で
言葉では説明できないような深い友情を彼女たちは手に入れただけなのかも知れない。

だから信じるも信じないも何も “信じないわけがない” んだと。
“夢路だから信じる。信じていられる” そんな誰にも介入はできない深い絆。

少なくとも今のメリーは、そういう強い気持ちでいるはずですし、そういう目線で
夢路のことを見ているはずです。だから彼女にはもう迷いなんてものはないのでしょうね。


 夢喰いメリー12話 シーン3


でも相変わらず、夢路は迷っている。自身の力のなさを嘆いてメリーの力に頼るという
本質を何処か見失っているようにも見える。

だから彼女は彼の小さくなってしまった背中に向かってただ一言。
「信じている。」 と。そう投げかけたのでしょう。
そしてあの言葉の本質の意味はきっとそれだけではなくて、
“私は夢路を信じている。だから夢路も私を信じて” という相互扶助の関係であることを
再確認させるための熱い気持ちが込もった、メリーなりの激励。

そしてその気持ちに夢路もしっかりと応えてくれた。だから彼女もまだまだ戦える。
勝てないかも知れない相手でも、守りたいもの。
そして信じたいものがあるから彼女たちは戦うことを止めはしない。

何よりそんな温かな心から生み出される力は時に大きな力を生み出すことなんかも
あったりして。きっとそれこそがメリーの言う “勝ち目” に繋がるのかなとも
今は思えたりしますね。

“守るための力” と “壊すための力”。どちらが強く、どちらが正しいのか。
その答えをきっとメリーたちなら示してくれると私は強く信じています。


 夢喰いメリー12話 シーン4


そしてもちろん、そんな風に夢路を信じ、守りたいもののために戦っているのは
メリーだけなわけでは決してなくて。

エンギだってその内の一人なわけです。

今まで “どうやったって夢に送り返すことは無理だ” と頑なに否定してきた彼女が
夢路信じると言った。メリーを信じると誓った。
その心境の変化にどれだけの熱い気持ちが必要だったことか。

もちろん、他に方法もないだけにそう考えなければしょがないという背景は
あるでしょけど、でもそれだけでは絶対にないはずで。
短い間ではあったけど、彼らと共に過ごし、そして彼らの持つ信念に触れたことによって
きっとエンギたちも感化される部分はあった
んじゃないかなと思うんです。


 夢喰いメリー12話 シーン5


またそれは河浪さんにとってもきっと同じこと。

「なっちゃいけない友達なんていやしない」 と彼が言ってくれたことによって
少なからず彼女自身の気持ちも晴れかかっていたのだと思うんですよ。

完全にその心の曇りを取り除いてくれたのはレオンの 「むしろ、嬉しかったりもした」 という
ささやかな彼女への愛情だったことには疑いようもないんですけど
でもその切欠を作ってくれたのは間違いなく夢路だったわけで。

夢路のそんな優しい言葉があったからこそ、そして勇魚を懸命に助けようとする
彼の姿を見たからこそ彼女もこうやって戦おうという姿勢になれた。

だからね。もうみんながみんな夢路のことを本当に心の底から信じているんです。
彼は人間なわけだから何か特別なことができるってわけでもないし
樹海との戦いにおいて何か力になれるわけでも決してない。
だけど、その存在こそが凄く頼もしくて、信じたいと思えてしまう

そしてそれは私自身にとっても同様であってね。だからこそ彼には強くいて欲しいんです。
みんなの夢であり、希望の象徴として。正義のヒーローでいて欲しいんですよ


 夢喰いメリー12話 シーン6


そんな彼が最後の一人として残されて、何を想って剣を手にとったのかは分かりません。
本気で命を掛ける覚悟で戦いを挑むのか、何か策があって戦いを挑むのか。
その辺りは次回に持ち越しということで、現時点では私にはその気持ちを汲み取ってやれない。

でもやっぱり彼がああやって立ち上がることが出来たのは
みんなが彼に対し “信じている” とたった一言かけてあげたからなのだと思うんです。

そしてだからこそ彼も自負心を持つことができ、揺らいでいた心を何とか
一本の強い芯として立ち直らせることが出来た。
信じられているのなら信じようと。そして信じられているからこそ強くあろうと。

そんあ彼の姿はまさにみんなの希望の光でもあり、正義のヒーローの如く強く逞しい

もちろん、力という面ではただの人間である夢路に勝ち目がないことは明白でしょう。
でもそんな彼の姿はきっと誰かの心に突き刺さり
その誰かの気持ちを呼応させるに違いないと私は信じています。

それが河浪さんなのかレオンなのかエンギなのか、もしくはメリーなのか。
そればっかしは分かりませんけど、でもきっとそれはおそらく “彼女” なんだろうなぁと。

そう信じたいものですね。
うん、きっと彼らなら大丈夫ですよ。


最後はみんなで笑って現の世界へと帰れるようにと願い、期待しています。

頑張れ夢路!!頑張れ夢喰いメリー!!




次回  「夢、ふたたび



夢喰いメリー 1 【初回限定豪華4大特典付き】 [Blu-ray]夢喰いメリー 1 【初回限定豪華4大特典付き】 [Blu-ray]
(2011/03/16)
佐倉綾音、岡本信彦 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

夢喰いメリー 第12話「夢魘」 感想

前に進むために。 前回心も体も完膚なきまでに叩きのめされたメリーたち。 一方の飯島先生といえば とっても余裕な面持ちで、ニヤニヤこっちを眺めてきて。 それはきっといつでも刈れるぞ、というサイン。それまで親しく接してきただけに 普通の夢魔よりも時間...

夢喰いメリー #12 夢魘(むえん)

規格外に強いミストルティンに歯が立たないメリー&エンギ。 はたしてここから逆転勝利なるか!?

『夢喰いメリー』第12話感想

ミストルティンの夢魔を殺戮する動機が怖い。 腹が減るから、満たすために、殺りくを繰り返す。 人に限らず、生物の本能の1つである食欲。 命ある物、物を食べないと生きていけません。 生きるため...

夢喰いメリー 第12話 夢魘(むえん)

夢喰いメリー 第12話。 残された希望と絶望、そして最後の戦いが始まる―――。 以下感想

夢喰いメリー 第12話 『夢魘(むえん)』

圧倒的に有利だったのに引いてしまったミストルティンと先生。時間は貰ったけど、夢路達に対抗策はあるのかな。 レオンの銃ミストルティンの正体は人間の悪意。レオンによると、人間はその日抱えた悪意を夢に捨てることでリフレッシュしているんだそうです。これが溜まり?...

夢喰いメリー 第12話 「夢魘(むえん)」

まさに圧倒的な強さ

夢喰いメリー 第12話「夢魘」

ミストルティンに完全敗北だったメリーたち。 勇魚の夢を消すまでの猶予期間をもらったが…逆転の手はあるのか? 千鶴の夢魔・レオンが夢路たちをデイドリームに招き。 レオンの銃でないとミストルティンは...

夢喰いメリー 第12話 夢魘(むえん)

「ミストルティンは悪夢の狭間から生まれた存在だ」レオンの口から語られた、ミストルティンとの因縁の過去。そもそも普通の夢魔が、どうやって生まれるのか知らないからどう特別な...

[アニメ]夢喰いメリー 第12話「夢魘」

一人の人の夢を守るため、自らの命をさし出してでも叶えたい夢がある。夢を守ることが夢。そんな夢でいいのか?

夢喰いメリー#12

第12話 『夢魘』 ほほう…なるほどね、前回投げかけた“二重規範”……。 ここに来てやっと、『アニメリ』のメインテーマが浮き彫りになった感じがするね。 メシトルティンの不可解な撤退も、“突きつけられた相手の葛藤を愉しむ” のが目的だったみたいだし…レオン...

夢喰いメリー 12話

テンプレなツンデレごっつぁんです。 というわけで、 「夢喰いメリー」12話 いざ最終戦の巻。 河浪さんがミストルティンに襲われる夢魔を見殺しにしていた理由。 見殺しにすることが、彼女の戦いだ...

夢喰いメリー 【12話】 「夢厭(むえん)」

夢喰いメリー、12話。 ミストルティンの戦闘?後の夢路とメリーの帰還。 戦闘というより、敵さんが離脱しただけですがね。 ・・・全体を通して・・・ 「夢も希望もない」って言葉がメリーの口癖になってきた気がw しかし、複雑ですね。 ミストルティンを葬ること...

「夢喰いメリー」第12話

  第12話「夢魘」ミストルティンとのバトルのあと、光凪医院に戻った夢路たち。すると、今度は千鶴を器とする夢魔レオンが現れて、一同をデイドリームへと誘った。そこで千鶴た...

夢喰いメリー 12話 感想

今、ミストルティンと戦ってきた・・・  

夢喰いメリー 第12話 「夢魘」 感想

ミストルティンとのバトルからあけて光凪医院に戻ってきた夢路たち。 一緒に戻ってきた千鶴が突然牢獄のデイドリームへいざなう。 そして彼女の夢魔レオンが現れる。 二人はミストルティンについて「...

夢喰いメリー 12話『夢魘』 感想

苦渋の選択。

夢喰いメリー 第12話「夢魘」

ミストルティンとのバトルからあけて光凪医院に戻ってきた夢路たち。 一緒に戻ってきた千鶴が突然牢獄のデイドリームへいざなう。 そして彼女の夢魔レオンが現れる。 二人はミストルティンについて 「レオンの銃でなければ、ミストルティンは倒せない」 と語り始める。

夢喰いメリー 第12話 「夢魘」 感想

ギリギリの選択―
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。