アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトGOSICK-ゴシック-  »  GOSICK-ゴシック- #06 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK-ゴシック-

GOSICK-ゴシック- #06 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想

 GOSICK6話 シーン1


ヴィクトリカの出生の秘密とその胸に刻む決意―


新たな謎と登場人物が散りばめられた今回のお話。
そして、だんだんとヴィクトリカの背景についても明らかになってきました。

ヴィクトリカが隠し子であったというのは以前に少しばかり語られていた部分ではありましたけど
その出生の秘密までは明かされていませんでしたからね。

そして例の “灰色狼” という蔑称はある人種の人々を指す名前だったようです。
(ヴィクトリカのことだけを差し示す呼び名ではなかった。)
また、この灰色狼と呼ばれる人々は何やら特殊な力を生まれながらにして持っているみたいで、もしかするとその力というのがヴィクトリカの明晰な頭脳の源となっているのかも知れません


ただそれはあくまで、その血を授かることによって素質を携えることが出来たというだけであって
ヴィクトリカが生まれ持ってあれ程までに頭が良かったというわけではないと思うんです。

というのも、それは多分、母が犯したとされる殺人事件が深く関わっていて
ヴィクトリカは母の潔白を証明するためにあれ程までに本を読み漁り
知識を高めていたのではないかなぁと思うんですよね

それ故に、その血に潜む特殊な力が開花し今に至った。

そう考えると、ヴィクトリカの母に対する想いの強さといった部分や
灰色狼という人々に対する憎しみという部分が随分と感じられるような気がしてきます。


 GOSICK6話 シーン2


これはまさに代理戦争と言える戦いなのでしょうね。
灰色狼の村と彼女、つまりは彼女の意思と血を受け継ぐものの戦い。

ヴィクトリカにとって母がどれだけの想いを寄せる人なのかとか、どれだけ一緒に過ごした日々を
覚えているのかというのはまだ分かりませんけど、1話のシーンでペンダントを久条が触ろうとした時のあの嫌がりようからしても相当大切な存在であることには変わりありませんからね

聞いている限りでは自分を置いて逃げ出したという風に捉えてもおかしくはないような感じでしたが、ヴィクトリカは全くそんな風には思ってもいないようでした。
むしろ、母をそういう目に合わせた同族の人間が本当に許せないのだと思います。

それでも決して復讐に転じることはなく、あくまで母の身の潔白を証明しようとしている辺りが、また彼女の母に対する愛情というものを感じさせますね
決して自分のためではなく母のためなのだと。その心意気は素晴らしいと思います。


ですがまだまだ謎でいて少し危険な匂いがするのは否めないところです。
何故、今になって灰色狼たちはヴィクトリカをあの場へ呼び寄せたのか。
その真意というのはまだ読めないところで
何らかの罠があるのではないかなぁと疑ってしまいます。

けれども、そこは互いに特殊な能力を持った灰色狼同士。
長老とヴィクトリカの頭脳戦がもしかしたら見れるのかもと少し期待しているところです。


またヴィクトリカの母であるコルデリアはまだ生きているようで、その行方の詳細という部分が今後のストーリー展開に大きく関わるのではないかなぁと思っています。

また母を追い旅に出るという展開は色々なドラマが見られると思うので
個人的にはそういう展開を迎えてくれれば嬉しいですね。

何気に壮大なストーリーを期待しています。


 GOSICK6話 シーン3


ヴィクトリカの人間性がどんどん浮き彫りになっていって
彼女を見ているだけで凄く面白いです!!



今までにも何度か述べてきたことですけど、彼女には人と(特に同年代と)接するための
知識がまだまだかなり不足しているんです。
塔に幽閉され、図書塔に幽閉され長い間一人で過ごしてきてしまったからこその弱点。
頭脳明晰であっても彼女は普通の幼い女の子なんですよね。


 GOSICK6話 シーン4


だから通じない冗談というものも発生してくる。
普通の同い年の友達同士ならば 「何すんだよ(笑)」 で済むようなことであったとしても
ヴィクトリカ自身がそういう風に受け取れるレベルには、まだ達していないんです。

そんな相手にいきなりデコピンをかましたりしたら、それは向こうも意味が分からないし
「いきなり酷いことをされた」 と感じてもしょうがないですよね。

それにヴィクトリカは1話の汽車の中で既にそういう人間であるということを示しているんです。
だからこそ、その辺は久条がもう少し彼女のことについて読み取ってあげて
考えてあげる必要があるのかなと思います。
彼はただ一人、彼女の過去を知っているんですから。

まぁ彼だってまだまだ子供なわけで、彼だけに大人になれと言うのは少し酷かも知れませんけど
もう少しね。。今回の場面だって、まず彼が謝るべきだったと思いますから。
とにかく、まだまだ両者とも成長しなければいけない部分がたくさんあるということですかね。


 GOSICK6話 シーン5


ただ、そういった部分では最後のこのシーンは本当に心温まる素晴らしいシーンでした!!

彼女だって本当は喧嘩もしたくないし仲直りをしたいのだけれど
それでもやはりそこはヴィクトリカ。
面と向かって 「絶交だ!」 と言ってしまった手前、素直に許すとは言えないのでしょう。

だから選んだ答えが “喧嘩両成敗”
ヴィクトリカが同じこと(デコピン)を久条にもすることによってお相子としてしまう。

「これであの件はなかったことにしてやろう。有難く思うんだな久条。」

そんな彼女のツンデレなお言葉が聞こえてくるかのようなシーンで
本当にヴィクトリカらしくて、最高の落ちの付け方だったんじゃないかなぁと思います。

それに “私という存在が産まれることもなかった” という台詞に対して
久条が “それは困る!” と言ったことに対しても彼女は喜びを感じていたのかも知れませんね。

喧嘩するほど仲が良いとはよく言ったもので、二人がどんどん仲良くなっていく姿を見るのは
本当に微笑ましい限りです。このアニメを見る上で一番の楽しみになっていますね。




次回  「夏至祭に神託はくだされる



あの謎のマジシャンは重要そうな人物でしたね。
要チェックです。



【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/04/22)
悠木 碧、江口拓也 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

[アニメ]GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

これは面白くなってきました。悲しみの奥底に踏み込むヴィクトリカの心境を考えると心の支えになる人がいるのは心強い。

「GOSICK-ゴシック-」第6話

  第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち...

GOSICK-ゴシック- 6話

デコピンで絶交。デコピンで仲直り。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」6話お忍び二人旅の巻。飽きっぽい。打たれ弱い。ほっぺぷくー。ほっぺ真っ赤。寝ぼけ。ヴィクトリカちゃんの一...

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」です。 さて、今回

『GOSICK -ゴシック-』#6「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

「これは戦いなのだ、灰色狼の村と彼女の」 図書館の植物園には、金色狼ではなく 人間の言葉をしゃべるとても頭のいい狼「灰色狼」がいると久城に話すアブリル。 もうすっかり学園にもなれたようで、久城よりも友達が多…。。。 「でも、ヴィクトリカのことは僕しか...

GOSICK -ゴシック- 第6話 灰色の狼は同胞を...

しょ、初っ端から訳分かんねぇー!Σ( ̄□ ̄)変なマジシャンが、一弥にちょっかいをかけてきたかと思えばお次は酒臭い小売りシスターのオルゴールが爆発して鳩がバビューン!と出て...

GOSICK -ゴシック- #6

【灰色の狼は同胞を呼びよせる】 GOSICK 5 (ドラゴンコミックスエイジ あ 3-1-5)著者:天乃 咲哉富士見書房(2010-11-09)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 他の帽子も似合いま ...

GOSICK―ゴシック―#06

第6話 『灰色狼は同胞を呼びよせる』 やっと、“本編”突入したと思ったら 久城くんを巡る“恋模様”の方は、カットで御座いますか。 アブリルさんも、お可哀想に……まあ、その分 ヒントが“目白押し”だったけど――ツルっと拾い!!

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

 ヴィクトリカの痛がり! どんな罵り方ですか?

GOSICK -ゴシック- 第6話 灰色の狼は同胞を呼びよせる  レビュー キャプ

アブリルは学校にも街にも馴染みまくって、久城を連れだって 灰色狼を呼び寄せる為のキラキラしたものを捜すと はりきって市場をまわっていた。すると、そこで1人のマジシャンが マジックを見せている所に出くわす。マジシャンのマジックは たいした事がなく、見ていた人...

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

灰色狼の末裔に告ぐ。近く夏至祭、我らは子孫を歓迎する――。 謎めいた新聞広告を見たヴィクトリカは、禁を破って、示された村に向かおうとする。 例によって不要なものだらけのトランクを持ってw また久城...

GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

ヴィクトリカの決意と戦い

GOSICK 第6話 灰色のオオカミは同胞を呼びよせる

アブリルも負けてないな、可愛いぜ 灰色オオカミの話し。 アブリルは久城よりもずっと社交的だったみたいで、お友達も増えてて学園生活充実してるみたいですね。 序盤から怪しいマジシャン出て来た・・・  ...

GOSICK―ゴシック― 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

この可愛さ、反則 を通り越してもはや罪だとさえ感じる「GOSICK―ゴシック―」第6話の感想(なにいってだ 「まどかマギカ」の殺伐とした流れを録画した「GOSICK―ゴシック―」で洗い流す――― 我ながら良い判断だと思う(笑)

GOSICK-ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

灰色狼の棲む村。

GOSICK―ゴシック― 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」 感想

今回のヴィクトリカは、一段と可愛かったですね。 怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。 そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。 ヴ...

GOSICK -ゴシック- 6

第6話 灰色の狼は同胞を呼びよせる」 前回までのヒロイン、アブリルはすっかりレギュラーになった?あっちこっちうろついてますが、嫌な予感しかしない(笑)案の定皿の盗難事件が発...

GOSICK―ゴシック― 06話『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想

何気に凄い久城(´・ω・`)

【GOSICK】6話 久城が凄くウザかった

GOSICK -ゴシック- #06 灰色の狼は同胞を呼びよせる 447 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 01:50:00 ID:Pc3O1uVH0 Q GOSICKは面白かったですか A ヴィ...

GOSICK─ゴシック─ 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

オルソラのコスプレッ!! 今回のテーマはマジック?? 酒臭いシスターってあからさまに怪しいけど なんか小悪党臭がプンプンするな… TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoireyoshiki*lisa 日本コロムビア 2011-03-02売り...

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

「私はコルデリアが罪を犯したとは考えていない  これは戦いなのだ、灰色狼の村と彼女の」 学園を抜け出しホロヴィッツに向かったヴィクトリカと一弥! 灰色狼の村で行われる夏至祭、末裔を歓迎すると言う...

GOSICK 第6話

GOSICK 第6話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 ≪あらすじ≫ 蚤の市で盗難事件に遭遇した一弥とアブリル。一弥からの話を聞いて、ヴィクトリカは盗難された皿を売っていたシスターこそが犯人だとグレヴィ...

GOSICK -ゴシック- 第6話 灰色の狼は同胞を呼びよせる

図書館の屋上には灰色狼がいるという噂があると言うアブリル。 好奇心旺盛で社交的なアブリルは、すっかり学園に溶け込んでいます。 偽物と違って、本物は随分と可愛らしいですね ...

GOSICK ゴシック 第6話 感想「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

GOSICK ゴシックですが、久城一弥は本物のアブリルとのみの市に行きます。手品師が九城の教科書を帽子に変えます。シスターが大股広げて露天商をやっていますが、箱が爆発して鳩が飛び出し、高価な皿が盗まれます。 この珍事件に九城は「ヴィクトリカ!!」と図書館塔を?...

『GOSICK―ゴシック―』 第6話 観ました

今回のメインキーワードは『灰色狼』 ソヴュールには灰色狼の村があると言う。 そしてヴィクトリカの出生の秘密も隠されているらしい。 ヴィクトリカの生まれ、そして彼女が公爵家の娘であるにも関わらず、疎まれている理由とは… 彼女の母親に殺人の嫌疑がかけられてい...

GOSICK -ゴシック- 第6話

 ちょっと仲たがいになるアンジェリカじゃなかった、ヴィクトリカと久城。女の子にデコピンしちゃいけないよ。

【GOSICK 第6話-灰色の狼は同胞を呼び寄せる】

湧き出る知識はタガタメ?

GOSICK─ゴシック─ 第06話 『灰色の狼は同胞を呼び寄せる』

新たにアヴリル(本物)が加わってどんな波乱があるんでしょうか。GOSICK新エピソードがスタートです。 今回のつかみは皿泥棒アヴリルと二人で街へ出た九条。これってデートじゃないですか?ヴィクトリカが知ったらえらい事になりそう。そして二人の目の前でドレスデン皿?...

GOSICK -ゴシック- 第06話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

灰色狼からのメッセージを見たヴィクトリカと久城が灰色狼が住むと言う灰色狼の村へ行く話でした。 ヴィクトリカの目的はその村で罪を着せられた母親の無実を証明するため。 アブリル可愛いかったけどあまり本編に絡んでこなそうだなw OPにでてた赤い髪の(ブラ...

GOSICK-ゴシック- 第06話 感想

 GOSICK  第06話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想  次のページへ

GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

まさか子ども同士の他愛もない喧嘩で1話分使い終わるのかともチラッと思いましたけど、さすがにそんなことはありませんでしたね(笑)。 母コルデリアの無実を晴らすべく、無断で図書館塔から外出する禁を犯してまで“灰色狼”の村に乗りこんできたヴィクトリカ。随分と大...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。