アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトGOSICK-ゴシック-  »  GOSICK-ゴシック- #05 『廃倉庫には謎の幽霊がいる』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK-ゴシック-

GOSICK-ゴシック- #05 『廃倉庫には謎の幽霊がいる』 感想

 GOSICK5話 シーン1


“信じ合える” たったそれだけのことがこんなにも美しい―


伝承とクイアランの挑発、また自身がここまで感じ取ってきたヴィクトリカに対する不思議なイメージ。それら全てが相まって、一つの考えが一弥の脳裏をかすめてしまいます。

それは “ヴィクトリカは金色の妖精、本当は存在しないのでは?―”
という根も葉もないただの憶測。

確かに彼自身以外ではほとんどの人がヴィクトリカの存在を知らないのかも知れないし
そういう怪談話が合わさることで彼がそう考えてしまうのも無理はないのかも知れません。
少なくとも不安になってしまうのは仕方がない。

周りがゴシック小説のような噂話を簡単に信じてしまうような環境でもあるわけで
そういう雰囲気を漂わせている場所なら “そうかも知れない” と思うには十分なはずですから。

さらには先程も言ったように、ヴィクトリカ自身からも謎めいた空気を感じるわけで、一弥にとってはネガティブに考えざる終えないような情報がたくさん彼の周りを取り囲んでいるんです。


こんな状況に立たされれば誰だって悪い方へと少なからず考えてしまうものだと思います。


 GOSICK5話 シーン2


けどそういった根拠もない雰囲気だけの “ただの情報” なんかより
彼はもっと確かで温かみのある “実感と信頼” を既に手に入れていたんですよ


それは二人で見た汽車からの風景や船から見た美しい朝焼け。
共に経験した恐怖や互いの身を守りたいと思う気持ち。
さらには、二人で交わした下らない話やちょっとした喧嘩、そして触れ合った感触。

まだ二人は出逢って間もないのだけれど、そんな短い間にも多くのことを彼らは積み上げていた。
だからこそ、それが幻想だなんて考えられないし、信じられない。信じたくもない。
そして、そんな子供だましの伝承よりもヴィクトリカ自身を信じたいし、信じてあげたい。

何よりそう想うのは一弥にとってヴィクトリカがたった一人の友達だから。
いや、この際 “たった一人” かどうかは重要ではないのかも知れません。
彼にとって “大切な友達” だから。それだけで十分なのだと。

だから一弥は断固としてヴィクトリカの存在が否定されることを認めなかったのでしょう。
“ヴィクトリカは僕の友達なんだ” という台詞には怒りさえ込められていたように感じました。

彼のヴィクトリカを信じるその姿は逞しく、本当に男でしたね。


 GOSICK5話 シーン3


そして一弥の想いに呼応するかのように彼を助けにやってきたヴィクトリカ。

彼女はクイアランの
『友達なんかいないくせに、あんたじゃなかったら誰が持ってるって言うんだい』
という問いに 『私が持っているのだよ』 と声高に宣言していました。
これは逆に考えれば “私が友達なんだ” と言っているようなものでもあるんです。

この一連の流れを見ているだけでも、彼らが
どれだけ信頼し合っているかというのがよく分かると思います。

それにあそこまでヴィクトリカが怒ったように感じたのは初めてだった気がしました。
前回の喧嘩はどちらかと言うと拗ねているという感じでしたし。
多分、それほど自分の友達を傷つけていたクライアンのことが憎かったのでしょう。

そして最後に放った彼女の言葉。“その男は私の下僕(友達)なのだよ”
相変わらず素直になれない彼女の性格は健在でしたけど、
それでも彼女なりの愛が感じられるシーンだったと思います。


 GOSICK5話 シーン4


で、前回も先程も “ヴィクトリカは素直になれていない” と私は言ってきました。
これは多分、傍からこうして見ている分には合っているのだと思います。

プライドや性格が邪魔して自分の気持ちはハッキリと言えないし、高圧的になってばかり。
本当はもっと一弥と仲良くなりたいのだろうけど、そうもいかない。
どう見ても自分の気持ちに正直に、素直になれていないんですよね、彼女は。

でももしかすると実際は、半分正解で半分間違いと言ったところなのかも知れません。
いやきっとそうなのでしょう。

そう思ったのは今回で明らかになったヴィクトリカの行動が切欠でした。


 GOSICK5話 シーン5


それは、知らない人が植物園に来るとタンスの中に隠れてしまうという彼女の習慣

今までの感想でも述べてきたように、彼女は本当に人と接する機会が少なかったわけです。
どういう風に対応すればいいか分からないし、どう思われるのかも凄く怖い。
エレベーターから来るのは必ず大人であり、形式的な密会と会話しかしないわけだけども
階段から上がってくる人に対してはどう接すればいいのか分からない。

だからこそ、隠れてしまう。人との関わり合いという部分では凄く不器用なんですよね。
そしてそれこそまさに素直になれていない証拠でもあるわけです。

でも一弥の場合は違った

彼女がどうして一弥からは隠れなかったのはちょっと分かりかねるところですが
もしかしたら色々な大人(主に担任の先生)から彼の話を聞いていたのかも知れません。

だからもしかしたらヴィクトリカはそういう話を聞く中で “もしかしたら一弥となら…”
そんな風に考えたのかも知れないですね。(もちろん、これは憶測に過ぎないですが。)

そうでなかったとしても、ヴィクトリカは “彼となら…” と絶対に思ったはずです。
そうでなければあの時も同じようにきっと隠れていたに違いないですから。

故にそう考えると彼女はもうその時点で少しだけ素直になれているんですよね。
この人となら知り合いに、友達になれるかも知れないと思った
そういう自分の気持ちにちゃんと素直になれていた。
多分、彼女にとってはそれだけで凄く大きな進歩だったんじゃないかなぁと思います。

だから彼女が素直じゃないとは言い切れない。
むしろ彼女自身からしてみれば、かなり頑張って素直になっているのかも知れません。

一弥と出逢ったことでヴィクトリカはどんどん変わっているのでしょうね。


 GOSICK5話 シーン6


“金色の妖精。彼女はこの世の全ての謎を知り、悩める者に道を示した。
 だがその見返りとして魂を要求し、そして、食べてしまうのだと言われていた。

 本当に?   『いいえ』

 本当はただ一緒にいたいだけ。彼女は信じている。
 永遠に離れることのない自分だけの魂があると。そんな魂といつか出逢えると。
 いつか、きっと―”



一弥なりのヴィクトリカに対する解釈。それが正しいかどうかなんて誰にも分かりません。
でも彼自身が永遠に離れることのない友達であると誓ったのなら
それはきっとヴィクトリカにとってもこれ以上ない喜びになっていくのだと思います。

伝承なんてただの伝承。そんなもの自分たちの手で変えてしまえばいいだけのこと。
『いいえ』 と優しく答えた彼とヴィクトリカの背中を見守りながら
これから起こるであろう多くの展開を楽しみに視聴していきたいと思います。


本当に美しいものを見させてもらいました。




次回  「灰色の狼は同胞を呼びよせる



【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/04/22)
悠木 碧、江口拓也 他

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

「GOSICK-ゴシック-」第5話

  第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」ミイラが発見されたとき、アブリルがそこにあった紫の本を手に取っていたことが気になる一弥。ヴィクトリカに相談すると、あっさり本は見つ...

GOSICK -ゴシック- 第5話 廃倉庫には謎の幽霊がいる

アブリルが図書館に来ていたのは、拾った本を見られたくなかったからと言うヴィクトリカ。 その本をあっさりと見つけ出すヴィクトリカは本を読みだします。 金色の妖精について書 ...

GOSIK 第5話 廃倉庫には謎の幽霊がいる

「君の頭部が邪魔なのだ」ヴィクトリカ全開。 九城が襲われた!!!? 無事に助けられるも、一緒に持っていた本がない・・・ アブリルが取ったのではないかと疑っていたけど、 本を持っていたのは先生@@先生良いキャラだよねw...

GOSICK -ゴシック- 第5話 廃倉庫には謎の幽...

天国の階段の13段目の謎を解いているヴィクトリカに対し一弥の視点が、完全に髪の毛にロックオンされてて思わずクスリw金色の妖精が気にかかっている件を差し引いたとしても一弥の...

GOSICK -ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

 なんかもういろいろとかわいい……

GOSICK -ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

「いる、本当にいるんだ  ヴィクトリカは僕の… 僕の友達なんだ!」 怪しい行動をしていたアブリルの正体が明らかに! そして、倉庫の下から現れた人物――    【第5話 あらすじ】 ミイラが発見された...

GOSICK―ゴシック― 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」 感想

「犬のフンみたいな姿なのになっ!」 TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire (2011/03/02) yoshiki*lisa 商品詳細を見る

GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」です。 さて、今回の

GOSICK -ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

考える間もなく終わっていたw

『GOSICK -ゴシック-』#5「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

「でもそんな子、 誰も見たことないていってたけど、本当にいるの?」 アブリルの行動をいぶかしむ久城。 その様子にしぶしぶヴィクトリカは立ち上がり、 久城のためにいつもの再構築をしてくれたが…

GOSICK -ゴシック- #5

【廃倉庫には謎の幽霊がいる】 GOSICK (4) ゴシック・愚者を代弁せよ (富士見ミステリー文庫)著者:桜庭 一樹富士見書房(2005-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ヴィクトリカは僕の ...

GOSICK -ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

今回の謎もヴィクトリカの退屈しのぎには物足りなかったかも(苦笑) 怪しい動きをするアブリル。 ヴィクトリカは、アブリルが倉庫から持ち出した本を図書室から探し出します。 天国の階段への13段目…これ...

GOSICK-ゴシック- 5話

かりんとうに対してその表現は禁句です。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」5話本爆撃の巻。図書館に「ヴィクトリカちゃん」なんていませんよ…ファンタジーやメルヘンじゃあない...

GOSICK -ゴシック- 5

第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」 さて、金髪少女の事件の続きです。本棚に何かを隠したようで、天国の階段の13段目ということです。「君の頭部が邪魔なのだ」…相変わらず...

GOSICK 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」 感想

あらすじ ミイラが発見されたとき、アブリルがそこにあった紫の本を手に取っていたことが気になる一弥。ヴィクトリカに相談すると、あっさり本は見つかった。なぜ、アブリルはこれを隠したのだろうか?一方、そのころ村では世紀の大怪盗クィアランの二代目があらわれる...

(アニメ感想)GOSICK -ゴシック- 第05話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

あらすじ ミイラが発見されたとき、アブリルがそこにあった紫の本を手に取っていたことが気になる一弥。ヴィクトリカに相談すると、あっさり本は見つかった。なぜ、アブリルはこれを隠したのだろうか?一方、そのころ村では世紀の大怪盗クィアランの二代目があらわれると...

『GOSICK‐ゴシック‐』第05話感想

知らない人が来た⇒隠れる でも一弥の時は隠れなかった。頬を赤くするヴィクトリカの様子が微笑ましい。 さてお話は前回からの続き。 まさかの怪盗オチでした。 良かった~。余計な事考えとかないで(笑...

GOSICK ゴシック 第5話 感想「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

GOSICK ゴシックですが、久城一弥はアブリルが拾っていた本のことが気になります。ヴィクトリカは木の葉を隠すには森の中に隠せと、アッサリ本を見つけますが、そこにはアブリルの祖父からの出されていない葉書がはさんであります。 廃倉庫の幽霊、月を背負い飛翔する怪?...

GOSICK -ゴシック- 第05話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

本物のアブリル可愛くてよかったー。

GOSICK-ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

学園の怪談。

『GOSICK―ゴシック―』 第5話 観ました

・・・ 正直、ほっとしました。 と言うのも、前の回の繋がりからするとどう見てもアブリルが怪しいとしか言いようがなかったからなのです。ですが、原作既読組みの感想記事を読むにアブリルはこの先もストーリーに絡む重要な役割を担うらしいってことがうっすらと判ってい...

GOSICK―ゴシック― 05話『廃倉庫には謎の幽霊がいる』 感想

13という数字。

GOSICK -ゴシック-第五話 感想

友達なんかいないくせに! 「GOSICK -ゴシック-」第五話感想です。 TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire(2011/03/02)yoshiki*lisa商品詳細を見る

GOSICK 第5話

GOSICK 第5話 『廃倉庫には謎の幽霊がいる』 ≪あらすじ≫ アブリルが隠した本は「金色の妖精」の伝承が記載されたものだった。それをあっさりと見つけたヴィクトリカは、その本の中で一枚の消印の無い絵...

GOSICK-ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

ミステリー系が苦手な私でもGOSICK-ゴシック-はとても楽しむことができますね ヴィクトリカもかわいいですし、久城との“固い”絆で結ばれた姿を見ているととても微笑ましくなりますよね それでは以下、感想を書かせて頂きたいと思います

(感想)GOSICK -ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

GOSICK -ゴシック- 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」 ヤラれたぁ~・・・ 素人は余計な推理はしちゃいけないなッw、でも、ひとつだけ謎が・・・

【GOSICK 第5話-廃倉庫には謎の幽霊がいる】

図書館には可愛らしい小さな探偵さんがいる。

GOSICK―ゴシック― 第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」 感想

今回もヴィクトリカが可愛かったですね。 一弥にも見せ場が欲しいところですが。 ミイラが発見されたとき、アブリルがそこにあった紫の本を 手に取っていたことが気になる一弥。 ヴィクトリカに相...

GOSICK・・・第5回「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

2011/02/05放送分総評!評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50750907.htmlヴィクトリカさんが妖精だと思わせてきたのは何ゆえか。相変...

GOSICK -ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

大泥棒クィアランの2代目がアブリルに成りすましてブラッドリー卿の遺産を盗もうとしていた、というオチでした。いやいや、千冬姉ェ(の中の人)の演技っぷりがよかったですね。IS学園からの出張ご苦労様でした(え?)。 天然ドジっ娘っぽくて担任には頼りない感じのセシ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。