アニメの感想やその他諸々について色々と書き綴るブログ。

  »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトたまゆら  »  たまゆら #02 『水色の小さな切符、なので』 感想

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら

たまゆら #02 『水色の小さな切符、なので』 感想

 たまゆら2話 シーン1


みんなまだまだ、くるくる迷い中―


“夢” なんて言葉自体がまだ遠い存在でぼんやりとしか見えない年頃の女の子。

これはソラノヲトの13話の記事でも若干触れたことなんですけど、楓の言うとおり今はそれで
いいと思うんですよね。“迷うことで見つけられる素敵もある” のだと。
また、これもソラノヲトの劇中でカナタが言っていたことですけどね(笑)

でも本当にその通りだと思います。


風車も風という後押しがなければ廻ることはできません。

それと同じで、迷いながらもくるくると回って動けていられるのは彼女たち自身が夢に向かう力を持っているから。ハッキリとしていなくても… ぼんやりとしていても。立ち止まらずに動いているから回っていられる。

それが写真を撮ることでも、好きな匂いを嗅ぐことでも、お菓子をつくることでも、オカリナを吹くことでも… 間違いなく前へ進むための原動力にはなっているんですよね。

いつか来る将来のために。動くことを止めないというのが大事なんだと思います。


 たまゆら2話 シーン2


楓の写真は色々な人を惹きつける魅力があるようです。写真家と言うものがどのような職業なのか詳しくは私も知りませんが、きっとそういう特殊なものが必要なんだろうなとは個人的にも思います。

でも彼女の場合は持って生まれた~云々のようなものではないと思うんですよね。
彼女は本当に写真が好きなんです
そしてその気持ちは全ての写真に込められている
だからこそ本人は失敗作と思ってしまうものでも、他の人から見れば何か良い感じの写真に見えきてしまうのではないでしょうか。


そもそも写真というのは気持ちを込めたその瞬間を必ずしも撮れるものではないはずなんですよね。
けれど、その瞬間に気持ちを込めたこと自体には嘘偽りないわけでその事実だけ決して消えない。

それに、その気持ちって 「綺麗」 とか 「可愛い」 とか 「カッコいい」 でも何でもいいんですよ。
ようは、何かしらの想いが込もっているからこそ、それを見た人にもそれが伝わるのだと思います。


まぁ何か自分でもくさくて綺麗なことを書き綴っているなぁという自覚はありますけどね…(苦笑)
でも彼女の姿勢とか想いを見ていると、そう想わずにはいられないんですよね。
何だか少しだけ、かおる達が楓に向かって 「写真家になりなよ」 と勧めた気持ちが分かる気がしてきます。


 たまゆら2話 シーン3


“毎日、目的地は変わってもいい・・・”


先程も言ったように動き続けるというのはとても大事なことだと思います。
たとえそれが少しずつでも、ゆっくりであっても続けることに意味がある。

でも、それが何のためであるかというのは必ずしも決める必要はないはずなんですよね。
だって、きっとそれらは “何か” にいつか繋がっていくはずなんですから。

りほさんの 「私もまだまだ遠くまで行けるような気がする―」 という台詞からも
そんなようなことが読み取れるのではないかなと思います。
今まで写真家として活動してきたけれど、またそれが何かに繋がってる気がする…っと。

まぁとにもかくにも、りほさんの話は本当に良かったなぁと思えましたね。凄く良かった。


そして、彼女との出会いで楓も何か得るものが必ずあったはずですし、
今後、楓がどのような道を選択していくのか非常に興味深いです。




というわけで短い時間の話でしたが、なんて 濃密な内容 だったことか…。
普通に感動して若干泣きそうになりましたし、今の自分にとっても凄く感じる部分が大きかったです。

それでいてちょっとした可愛気のあるポイントやギャグポイントも多々あって笑えもしましたし、
かなり和めました。

面白い演出の仕方も結構見られましたし、この作品は凄いレベルの高いところで作られてるなぁという印象を受けます。個人的な感情を抜きにしても。

加えてオリジナルアニメというのだからもう頭が下がりまくりですよ。
というか上げられません(笑)


これはもうBD購入決定です。絶対に買います。
まだ1話と2話のAパートだけでこれですからね。早く全部見たいです…(笑)


それと売り上げ次第ではTVシリーズ化の話もあるかも知れないらしいですね。
テレビアニメ化となると、どうだろう?と思うとこはありますけど
やるとなれば凄く楽しみですね。まだまだ不確定過ぎる話ではありますけど。



とにかく最高の2話でした。3~4話の先行上映会があるようですが、AT-Xでも放送するのかな??
(次回のサブタイが出なかったところを見るとやらないのかも…)
何にせよここまでは素晴らしい作品、続きが楽しみです♪



たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
(2010/12/23)
竹達彩奈阿澄佳奈

商品詳細を見る


関連記事

Comment
Trackback

「たまゆら」#02 水色のちっさな切符、なので

「麻音ちゃんはプロの口笛師?」「そんなのあるの?」 「風に舞うスカートが春っぽいかな~って思ったので」「パンツ写っちゃうじゃん」 「超レベルたけー。この姉妹ヤバいヤバすぎるやられちゃうよもうどうすりゃオイ萌えるしかねーよのりえちゃんテンション上がり」 ...

たまゆら ふたつめ:「水色の小さな切符、なので」

 香が楓にじゃれるところがすごくかわいかったです。

たまゆら #2

【水色の小さな切符、なので】 たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】出演:竹達彩奈販売元:SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)発売日:2010-12-23クチコミを見る お待ち下さいませ桃猫様(´∀`*) 

たまゆら 第02話 「水色の小さな切符、なので」 感想

「そっか、みんなの夢もまだまだふわふわ  だけど、今はそれでいい  みんな、どこにでも行けるんだ」 たまゆら 第一巻(初回限定生産)...

たまゆら 第2話 「水色のちっちゃな切符、なので」

今回もいいはなしだ~! いや本当に。 楓に届けられた、写真家志保美りほからの手紙。 中には個展への招待券と、行き先の書いてない切符が...

たまゆら 第2話「水色のちっちゃな切符、なので」

たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】(2010/11/26)竹達彩奈阿澄佳奈商品詳細を見る ほわほわーと仄々としていた話でした。今度は楓が将来の...

たまゆら 第01話 「大好きがいっぱいの町、なので」 第02話 「水色の小さな切符、なので」

大門ダヨ

たまゆら 2話

ツインテのテンションうぜええええ!!!!!!というわけで、「たまゆら」2話恥ずかしい台詞禁止の巻。将来に思いを馳せる仲良し四人組なわけですが、まだぼんやりとした夢をなんと...

たまゆら 【2話】 「水色のちいさな切符、なので」

かなり遅れましたが、たまゆら、2話。 のりえちゃんwwテンションあがり過ぎ。 確かに、かわいい兄妹ではありますけどね。特に小さいときの写真がありましたが、それは本当にかわいいもんです。 前半は、夢について語り合うストーリーになっていたようです。 写真...

たまゆら 第02話 先行放送感想

 たまゆら  第02話 『水色の小さな切符、なので』  先行放送 感想  次のページへ

たまゆら 2話感想

遅れましたが見た感想です。 このアニメの主人公とあずにゃんを演じる竹達が一番いい印象を持ってますw 前回に引き続き、癒されるために見...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!
プロフィール

Author:Shirooo

御用の方はこちらからお願いします ⇒ mail
QLOOKアクセス解析

リンク一覧 (相互)
応援バナー
Counter
ブックマークエントリー
人気記事ランキング
zenback

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。